1. 池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始

池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始

WILLERは11月27日(水)に、東京・池袋の主要スポットをつなぐバス「IKEBUS(イケバス)」の運行を開始する。

幅広い文化が混在する池袋エリアを2ルートで回り、街に点在するスポットを途切れなくつなぐ。

池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始 1番目の画像

2ルートをゆっくり運行

IKEBUSは定員22名(乗務員込み)の電気バス。最高速度時速19キロメートルで運行する。

池袋駅を中心とした東西を結ぶ2ルートを設定した。それぞれ公園や区役所、商業施設などの主要スポットを含むルートを1周30~40分ほどでつなぐ。

池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始 2番目の画像

曜日を問わず20分間隔で毎日運行。

料金は、1回ごとの乗車運賃に加えて、3時間券・1日券・2日券など様々な券種を販売する。

池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始 3番目の画像

人にも地球にも優しい仕様

車両デザインは、数多くの交通車両のデザインを手がけたドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治氏。

ベースカラーに「IKEBUKURO RED」というオリジナルの赤色を使用し、遠くからでもパッと目を引く存在に。驚きと幸運を届けたいという思いから、全10台中1台だけ黄色のバスが走る。

電気バスのため直接的な排ガスはない。車いすの人も利用しやすい電動式リフトを装備するなど、人にも地球にも優しい車両となっている。

池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始 4番目の画像
池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始 5番目の画像
池袋の街を電気バス「IKEBUS」が巡る!水戸岡鋭治デザイン、11月27日から運行開始 6番目の画像

同社は、行動範囲の拡張と回遊を促すことで街に活気とコミュニケーションを生み、人々の移動をサポートして文化をつなぐことで、さらなる賑わいを創出するとしている。

【IKEBUS 路線運航】
・運行時間:始発10時発~最終19時50分発(池袋駅発時刻を基準)
・運賃:1乗車(大人200円、子ども・高齢者・障がい者100円)
・運賃:1日券(大人500円、子ども・高齢者・障がい者250円)
※他運賃やルート等、詳細はプレスリリース特設サイトで紹介

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する