1. 海外スタートアップ・資金調達ランキング調査結果を公開!上位はアメリカが独占、ソフトバンク出資も多数

海外スタートアップ・資金調達ランキング調査結果を公開!上位はアメリカが独占、ソフトバンク出資も多数

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社は、継続的な調査を行っており、結果を自社サービスであるSTARTUP DB(スタートアップデータベース)に公開している。

11月21日、新たに「海外スタートアップ資金調達額ランキング(2019年1月~9月)」を発表した。

海外スタートアップ・資金調達ランキング調査結果を公開!上位はアメリカが独占、ソフトバンク出資も多数 1番目の画像
出典:media.startup-db.com

海外スタートアップ資金調達額上位はアメリカが独占

海外スタートアップ資金調達額の上位22社を見てみると、国籍の内訳はアメリカの企業が12社と全体の半数を上回る結果だった。

続いて、中国で3社、イギリスで2社、ドイツ・ロシア・台湾・コロンビア・メキシコで1社ずつランクイン。

サービス領域別では、EC関連と自動運転関連が3社ずつと全体的には多い印象だ。

一方、AIやシェアリング・ブロックチェーンなどサービス領域が幅広い企業もみられる。​

ソフトバンク・ビジョン・ファンドによる出資企業が多数ランクイン

特筆すべきは、ランキング企業のうち8社がソフトバンクまたはソフトバンク・ビジョン・ファンドによる出資であることだ。

これら8社はアメリカと中国の企業が中心で、出資をしているシリーズの多数でソフトバンクまたはソフトバンク・ビジョン・ファンドが主要引受先となっていた。その他、4位のChehaoduoや8位のOneWebに対して出資額が10億ドル以上に上ることも注目に値する。

2019年7月、ソフトバンクは10兆円規模の2号ファンド設立を公表したものの、目標額に到達せず11月に当初募集を終了。

今後も投資コミットメントを募ると予想されるが、1号ファンドのように世界に影響を与えることができるのか、ソフトバンクの動向には注目が集まっている。

海外スタートアップ資金調達ランキングの詳細レポートは、次のURLを参照してほしい。

STARTUP DB公式サイト

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する