1. 1~10月の国内スタートアップ資金調達額ランキング、ディープテックの企業が続々新規ランクイン

1~10月の国内スタートアップ資金調達額ランキング、ディープテックの企業が続々新規ランクイン

11月13日、成長産業の支援事業を行うフォースタートアップス株式会社は、2019年1月~10月を対象とした調査結果「国内スタートアップ資金調達額ランキング」を発表した。

2位は新規ランクインのPaidy

資金調達額ランキング第1位は、予約・順番受付サイト「EPARK」を運営するEPARK。

次いで第2位となったのは、後払い決済サービス「Paidy」を運営するPaidyだった。同社は、10月に2度の資金調達を行い合計156億円の調達を実現。今回新規でのランクインとなった。

1~10月の国内スタートアップ資金調達額ランキング、ディープテックの企業が続々新規ランクイン 1番目の画像

注目すべきはディープテック領域

同社によると、この他の注目すべき企業としては、8位に新規ランクインした内視鏡の画像診断支援AIの開発を手掛けるAIメディカルサービス。46億円の新規調達を実施した。

人工知能の中の1つの要素である「ディープラーニング」に特化した研究開発を行うLeapMindは、35億円の調達により13位に新規ランクイン。

次世代スマートロック「bitlock」を提供するビットキーは、34億円の調達により15位に新規ランクインを記録した。

この3社は、今最も注目される最先端の研究「ディープテック領域」で活躍する企業という共通点があるという。

同社によれば、そのほかにも、上位に並ぶスタートアップ企業には、こういったディープテック領域の企業が多いそうだ。

今回のランキングレポート記事は、同社が運営するSTARTUP DBに詳細がある。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する