1. Web開発現場のコミュニケーションを助ける「カードゲーム型対話支援ツール」が登場

Web開発現場のコミュニケーションを助ける「カードゲーム型対話支援ツール」が登場

組織開発支援サービスを展開するHRTechベンチャーのモニカは11月15日、Web・IoTなどの開発現場での利用に特化したカードゲーム型の対話支援ツール「Morris(モリス)」を発表した。

開発の際に、セキュリティ・ユーザビリティ・ビジネスの各専門領域の関係者が、心理的安全性に配慮したチーム内の関係を構築しながら、品質向上に必要な検討を深めることを支援するツールだ。

Web開発現場のコミュニケーションを助ける「カードゲーム型対話支援ツール」が登場 1番目の画像

カード形式で気軽に対話を促す

IoTデバイスやWebサービス等の開発現場では、部門間・専門家間のコミュニケーション不足等により、ユーザビリティやセキュリティ、投資対効果といった複合課題のリスク顕在化を招いているケースが少なくないという。

同ツールは、こうした現状を打破すべく、専門家間のコミュニケーションと良質な関係性の構築を支援するため誕生した。

デザイナー等のユーザビリティサイドと、エンジニアなどの開発・セキュリティサイド、事業責任者等のビジネスサイドの各専門家同士の相互理解を、カードゲーム形式で気軽に促せるように設計。

カードに書かれた問いと進め方のルールに従って対話をすることで、開発チーム内での役割の確認や課題意識の共有を簡単に行うとともに、心理的安全性の醸成に役立てることができるという。

Web開発現場のコミュニケーションを助ける「カードゲーム型対話支援ツール」が登場 2番目の画像
Web開発現場のコミュニケーションを助ける「カードゲーム型対話支援ツール」が登場 3番目の画像

関連イベントが11月22日に実施

2019年11月22日(金)に神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催されるET & IoT Technology 2019に出展し、ツールの解説とデモンストレーションを行う。

同社オンラインストアでは2020年初めに販売開始を予定。導入予定の企業向けファシリテーター養成講座も順次開講予定だという。

※関連イベントの詳細はプレスリリースで案内

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する