1. ロボット化・AI化を推進したい企業必見!日本最大級のRPAイベント「RPA DIGITAL WORLD」が大阪で開催

ロボット化・AI化を推進したい企業必見!日本最大級のRPAイベント「RPA DIGITAL WORLD」が大阪で開催

RPA総合プラットフォームメディアを運営するRPA BANKは11月22日(金)に、グランドフロント大阪で人手不足に伴う業務効率化の課題や生産性改善に課題を抱えている企業・団体を対象に、RPA(Robotic Process Automation、以下RPA)/AIイベント「RPA DIGITAL WORLD OSAKA 2019」を開催する。

ロボット化・AI化を推進したい企業必見!日本最大級のRPAイベント「RPA DIGITAL WORLD」が大阪で開催 1番目の画像
Adobe Stock

中小企業でのRPA導入が加速

RPA BANKが2019年7月に実施した「第3回RPA利用実態アンケート調査」では、RPAに取り組んでいると回答した企業は約80%、その内の約50%が従業員数1000名以下の企業だった。

首都圏を中心に大企業だけでなく中小企業でのRPA導入が加速しており、2019年には東京からデジタライゼ―ションが全国へと波及することが予測される。

一方で、RPAに取り組んでいるものの、期待した効果をなかなか得られず、その解決を求めている企業も多いと考えられているという。

大阪から関西地方へのRPA導入を加速させる

そんな時勢を受け、今回東京に次いで高いGDPを誇る大阪府で「RPA DIGITAL WORLD OSAKA 2019」を開催する。RPA BANKでは、同イベントを通じ、大阪府から関西地方へRPA導入を波及させ、関西地方における企業や自治体の生産性改革の取り組みを加速をさせていきたい意向だ。

イベントの基調講演では、RPAからAIなどの最新テクノロジーの進化により到来するデジタライゼ―ション時代への備え方について、サイエンス作家 竹内 薫氏と国立情報学研究所 教授・総合研究大学院大学 教授・東京工業大学 特定教授人工知能学会 前会長・顧問 山田 誠二氏が語る。また、主要RPAツールの実演デモを見られるデモンストレーションセミナーや、複数の展示ブース、最新のRPA導入事例講演など、RPAやAIを1日で学べるコンテンツを用意している。

【「RPA DIGITAL WORLD OSAKA 2019」開催概要】

日時:2019年11月22日(金)9:00~17:00(受付開始8:30~)
場所:グランフロント大阪 北館 地下2階
ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
(〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3−1 グランフロント大阪北館)
主催:RPA総合プラットフォーム「RPA BANK」 株式会社RPA BANK
詳細ページ

「業務コストの削減や生産性の改善を実現したい」「RPAを導入/導入検討している」「RPAを活用し自社ソリューションやサービスと組み合わせたい」「RPA技術を活用した新規事業や共同開発を目指したい」、そんなニーズをもつ企業や団体が対象となる。

2019年11月21日(木)12:00で事前登録は終了となるが、当日参加希望者は直接会場へ来場し、「当日受付」窓口にて参加登録を行うことが可能だ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する