1. 自社専用AWSで運用できる「アクセス集中に強い予約システム」を提供開始

自社専用AWSで運用できる「アクセス集中に強い予約システム」を提供開始

株式会社インタークエストは、同社が提供する予約システム「リザベーション・エンジン」を利用する会社毎に用意する専用アマゾンウェブサービス(AWS)で運用できる予約システム「リザベーション・エンジン on AWS」の提供を開始した。

自社専用AWSで運用できる「アクセス集中に強い予約システム」を提供開始 1番目の画像

クラウド型の予約システム

リザベーション・エンジン」は、幅広い業種に対応したASP・クラウド型の予約システム。

企業や自治体・官公庁、教育機関など全国約600社で利用されており、予約業務の効率化を図ることで、予約獲得や顧客の囲い込みに貢献する。

イベント予約の混雑にも負けない

今回リリースされた「リザベーション・エンジン on AWS」は、「リザベーション・エンジン」を自社専用AWSで運用できるシステム。

イベントやキャンペーンの予約受付、テレビ・SNSの紹介など、短期間にアクセスが集中する状況では、システムに負荷がかかりシステムダウンが発生するなど、販売機会の損失が課題であった。

自社専用AWSで運用できる「アクセス集中に強い予約システム」を提供開始 2番目の画像

同システムでは、自動的にクラウドサーバーの台数を増減させる「オートスケール機能」やシステムチューニング、負荷検証などを取り入れることで、アクセス集中の負荷に耐えられるという。

月額制のシステムのため、開発やサーバーコストを大幅に削減できるとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する