1. 600通りの表情を持つロボットが発売!実在の人物そっくりも注文可、窓口業務などを想定

600通りの表情を持つロボットが発売!実在の人物そっくりも注文可、窓口業務などを想定

ロシア系スタートアップ企業が販売を始めたロボットについて、複数の海外メディアが報じるなど注目を集めている。

なんでも600通りの表情を持ち、また実在する人物そっくりのロボットを注文できるらしい。

ロシア系スタートアップが実在の人物そっくりのロボットの発売を開始 1番目の画像
出典元:Promobot Press release

実在の人物そっくりのロボット

米ペンシルベニア州を拠点とするロシア系企業「Promobot」のAleksei Iuzhakov取締役会長は以下のように述べている

「ビジネスでもプライベートでも、お好みの姿形をしたロボットの注文が可能になります。今後我々はサービス、教育、エンターテイメントにおいて巨大な市場を開拓することになるでしょう。バスケットボールのユニフォームを販売するマイケル・ジョーダンや、博物館で自身の戯曲を朗読するウィリアム・シェークスピアの姿(ロボット)を想像してみて下さい」と。

表情豊かな人型ロボット

同社の人型ロボット「Robo-C」には首と胴体がある。それぞれ自由度の高い動きが可能だが、歩くことはできない。

顔は18のパーツを動かし、約600通りの微細な表情を浮かべることが可能という。

ロシア系スタートアップが実在の人物そっくりのロボットの発売を開始 2番目の画像
出典元:Promobot Press release

ロボットの人工知能には、約10万の音声モジュールを内蔵している。

「くだんのロボットがマン・マシン・インタラクション(人間とコンピューターの相互作用)の障壁を取っ払い、郵便局や銀行、役所など人が集まる場所で、多くのスタッフの代わりを務められるものと信じています」と同社。

Promobotが「完璧な擬人化マシーン」と呼ぶ人型ロボット。バッテリーは現在のところ、約8時間という。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する