1. LINEアカウントからレンタルできる、高級腕時計シェアリングサービス「MatchWatch」を開始

LINEアカウントからレンタルできる、高級腕時計シェアリングサービス「MatchWatch」を開始

株式会社ゴールドリッジは腕時計のシェアリングサービス「MatchWatch」にて、株式会社wevnalのチャットボットサービス「Botchan」を利用したシステムを共同開発した。

腕時計のレンタルは、「MatchWatch」公式LINEアカウントから全ての手続きを行う。

LINEアカウントからレンタルできる、高級腕時計シェアリングサービス「MatchWatch」を開始 1番目の画像
出典:株式会社ゴールドリッジプレスリリース

高級腕時計が借りられる時代に

MatchWatch(マッチウォッチ)」は、高級腕時計を対象にしたレンタル・マッチング・プラットフォーム。

ロレックスやウブロ、フランクミュラー、カルティエなど、25ブランド・100点以上の腕時計を取り扱い、出品者(オーナー)から預かった商品は、同社が物流・保管・クリーニングを請負う。

LINEアカウントからレンタルできる、高級腕時計シェアリングサービス「MatchWatch」を開始 2番目の画像
出典:株式会社ゴールドリッジプレスリリース

レンタル期間は、4・8・12週間から選択でき、手続きなどは公式LINEアカウントから行い、5営業日ほどで手元に届く。

ユーザーがオーナーにレンタル申込をして、オーナーが承諾すると商品が発送される仕組み。ユーザーがレンタルした商品を気に入るとオーナーに買取交渉もできる。

同社によると、不正検知や本人認証システムを取り入れており、安全面にも配慮しているという。

現在、1万円相当のポイントを提供するキャンペーンを実施している。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する