1. キャンプ向け「雨保険」が欧州で登場

キャンプ向け「雨保険」が欧州で登場

楽しみにしていた旅行が連日の雨で台無しに…そんな苦い経験をした人も多いのではないか。それが自然を満喫するキャンプなら残念極まりないだろう。

せっかくのレジャーを雨で台無しにさせないための「雨保険」が欧州で登場 1番目の画像
イメージ画像:AdobeStock

特にそんな雨男、雨女の皆さんにお薦めの保険がヨーロッパで登場した。

雨予想が出たら補償を受けられる「雨保険」

キャンプ場を含む、欧州の屋外宿泊施設の予約サイト「Campings.com」では、英スタートアップ「Setoo」とタッグを組み、雨が予想される場合72時間前に旅行をキャンセルし、補償を受けられる保険を発売した。

インデペンデント紙が伝えるところによると、独天気予報サービス「Meteomatics」の予測に基づき、Setooが雨予想をキャンパーに通知。

宿泊をキャンセルした顧客は自動的に支払いを受けることができるという。

「一般の旅行客に比べてキャンパーは天候に影響をより受けやすく、雨は憂慮すべき問題。我々は長年にわたり天候を補償する商品を模索し続けてきました」と、Campings.comのCEO・Jerome Mercier氏は述べている。

保険の費用は、それぞれのキャンプ場特有の天気と季節によって異なり、コンピューターが算出。通常、予約料金の3〜8%が保険料で、平均価格は週15ユーロ(約1800円)ほど。

尚、くだんの雨保険を利用できるのは、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリアに住む人が、フランス及びイタリア、スペインで休暇を過ごす場合という。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する