1. 商品などをスマホやタブレットで撮影するだけで詳細情報が表示される新サービスの提供がスタート

商品などをスマホやタブレットで撮影するだけで詳細情報が表示される新サービスの提供がスタート

凸版印刷株式会社およびNECネクサソリューションズ株式会社は10月31日(木)、商品のパッケージなどをスマートフォンで撮影するだけで、詳細情報を多言語で表示することができる画像認識表示サービス「ToruSil」の提供を開始した。

業務効率化や多言語対応の必要性

同社によれば昨今、人手不足や働き方改革などの影響から、サービス業においても、業務の効率化が喫緊の課題となっているという。

訪日外国人観光客の増加に伴い、多言語対応によるサービス提供も必要性が増している。

このような課題に対し2社は、これまで培ってきた実績やノウハウを活かして、同サービスの開発を実現した。

瞬時に画像分析判定

「ToruSil」は、スマートフォンやタブレットなどで撮影した商品などの画像と、事前登録画像データとを照らし合わせ、短時間で一致する画像を分析判定する。

その画像に関する詳細情報も併せて提供し、関連商品の閲覧や、資料などのダウンロード、およびECサービスも利用が可能となる。

商品などをスマホやタブレットで撮影するだけで詳細情報が表示される新サービスの提供がスタート 1番目の画像
出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

多言語にも対応しており、訪日外国人観光客も利用ができる。クラウドで動作するアプリケーションのため、複雑な導入手続きは不要というメリットもあるようだ。

様々な活用可能性

小売店以外での活用例として、博物館や美術館などでは、展示物の紹介のみならず、詳細映像やAR・VRコンテンツを提供することができるという。

ショールームでは、不可情報へのアクセスやカタログのダウンロード、および担当者との連絡までを1画面で提供することが可能としている。

さらに、凸版印刷株式会社が提供する、遠隔地にいる人と体験を共有できるウェアラブルデバイス「IoAネック」との組み合わせにより、ユーザーは店舗に足を運ばずとも、遠隔地でショッピングを行うことが可能になるという。

商品などをスマホやタブレットで撮影するだけで詳細情報が表示される新サービスの提供がスタート 2番目の画像
出典:凸版印刷株式会社プレスリリース
商品などをスマホやタブレットで撮影するだけで詳細情報が表示される新サービスの提供がスタート 3番目の画像
出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

2社は同サービスを通じ、小売店や施設などの人手不足解消や接客の品質向上を支援したいとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する