1. 横浜に世界の自動車関連会社が続々と集積、2019年上半期は7社が立地を決定

横浜に世界の自動車関連会社が続々と集積、2019年上半期は7社が立地を決定

横浜市は10月31日、2019年上半期の自動車関連企業の誘致状況について発表した。

発表によると、上半期にはイタリアの「ドゥカティジャパン」やアメリカの「ポラリスジャパン」など世界的企業7社が進出を決定した。

横浜に世界の自動車関連会社が続々と集積、2019年上半期は7社が立地を決定 1番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

世界トップ30のうち13社が同市に拠点

横浜はビジネス環境の魅力が高いとして、国内外から企業の立地が進んでいる。

特に自動車産業では、世界トップ30の⾃動⾞サプライヤのうち13社が横浜に研究開発拠点を置くなど、産業の集積が図られているそう。

集積が都市ブランドとなってさらなる企業を呼び、世界的な⾃動⾞関連企業が続々と横浜に拠点を置き始めてという。

上半期に7社が横浜への立地を決定

2019年上半期に横浜市内に集まった自動車・バイク関連企業は次の7社。

ポラリスジャパン(アメリカ) 

インディアンモーターサイクル、スノーモービル、ティンバースレッド製品及び付随するパーツ、アパレルの輸入、卸販売、関連する事業、サービスの提供。

2019年4月1日に事業開始。

水素パワー

水素エネルギー事業業務燃料電池設計、開発、水素タンク開発。

2019年6月1日に事業開始。

エービーダイナミクス(イギリス)

全世界の自動車産業への統合試験システム及びサポートサービスの提供。

2019年9月17日に事業開始。

日本華翔(中国)

自動車/EV車に関する内外装・車体・光学部品関連の開発・設計・マーケティング等。

2019年10月10日に事業開始。

ドゥカティジャパン(イタリア)

オートバイ及びその各部品・付属品・アパレル製品の輸入および販売、オートバイの整備・補修。

2019年11月に事業開始予定。

放電精密加工研究所

金型及び機械部品・金属製品等の製造及び受託加工並びに販売、自動車用プレス部品・センサー部品・自動車部品の表面処理。

2020年1月に事業開始予定。

ネクステアオートモーティブジャパン(アメリカ)

自動車部品及び自動車関連部品の製造・サポート。

2020年4月事業開始予定。

横浜に世界の自動車関連会社が続々と集積、2019年上半期は7社が立地を決定 2番目の画像
出典元:横浜市プレスリリース/数字(1~15)は、世界トップ30の自動車サプライヤの研究開発拠点

横浜市は、今後より一層の産業集積を図り、I・TOP横浜への参画などを通じて「イノベーション都市・横浜」を推進していくとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する