1. 宇宙兄弟「せりか基金」とのコラボセッションも!日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト「Healthcare Venture Knot 2019」が10月26日新橋で開催

宇宙兄弟「せりか基金」とのコラボセッションも!日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト「Healthcare Venture Knot 2019」が10月26日新橋で開催

10月26日(土)新橋のベルサール御成門駅前において、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズとShinjuku Healthcare Incubation Parkが、日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト「Healthcare Venture Knot 2019」を開催する。

ヘルスケアスタートアップと医療者がお互いを理解し協力し合うための画期的な取り組みだ。

 宇宙兄弟「せりか基金」とのコラボセッションも!日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト「Healthcare Venture Knot 2019」が10月26日新橋で開催  1番目の画像

医療者とヘルスケアベンチャーをつなぐビジネスコンテスト

ヘルスケア領域のベンチャー環境は大きく変化し、利益を上げながら成果を出すことにこだわるヘルスケアスタートアップがどんどん出てきている。そして、最前線で治療にあたる医療従事者は、患者の生活を守るために、日々成果を出し続けている。 

医療介護の現場を大切にしながら、その課題をビジネスという手法で解決することを目指す日本最大規模のビジネスコンテスト「Healthcare Venture Knot」は、ヘルスケアスタートアップと医療者という、同じ志を持ちながらも、考え方やコミュニケーションのプロトコルがかみ合わないことが多い両者をつなげることが目的のイベントだ。

宇宙兄弟「せりか基金」とのコラボセッションにはALS当事者も参加

昨年に引き続き、今年のテーマも「医療者とヘルスケアベンチャーを結ぶ」。 

一部では、医療従事者による現場の課題を解決する超アイデアコンテストと、起業してプロダクトやサービスが実装されているヘルスケアスタートアップによるビジネスピッチを展開。また、すでに拡張フェーズに入っている「Healthcare Venture Knot」受賞ヘルスケアスタートアップによるエキシビションプレゼンも披露される。

二部では、「希少疾病医療」をテーマにしたパネルディスカッションを企画。小山宙哉氏による人気漫画『宇宙兄弟』から派生した、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の治療研究費を支援する一般社団法人せりか基金より、代表の黒川久里子氏がモデレーターとして登壇。ALS当事者である鷹和合同会社代表の真下貴久氏をパネリストとして、当事者とヘルスケアスタートアップがそれぞれの視点から希少疾病領域において「本当に必要なヘルスケアサービスとは何か」を本音で語るという。 

ヘルスケアスタートアップと医療者はもちろんのこと、患者やその家族にも希望を与えてくれるビジネスコンテスト。残席はすでにわずかとのことなので、興味がある人は早めに申し込んでほしい。 

Healthcare Venture Knot  2019 ~医療者とヘルスケアベンチャーを結ぶ~
【日程】2019年10月26日(土)午後1時〜7時
【会場】ベルサール御成門駅前 東京都港区新橋6-17-21 住友不動産御成門駅前ビル1F
【参加費】社会人:3,000円/学生:1,500円 
https://peatix.com/event/993675/view

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する