1. 「インスタ映え」より「TikTok映え」をめざせ! CARAFUL、企業のTikTokアカウント運用代行サービスを開始

「インスタ映え」より「TikTok映え」をめざせ! CARAFUL、企業のTikTokアカウント運用代行サービスを開始

「TikTok」とTikTokクリエイター育成のマネジメント契約を締結し、TikTokクリエイターの活動を総合的にサポートするCARAFULは、企業向けのTikTokアカウント運用代行サービスを開始。

これによって、企業TikTokアカウントの企画・動画制作・配信・専属クリエイターによる紹介を、一括で提供していく。 

「インスタ映え」より「TikTok映え」をめざせ! CARAFUL、企業のTikTokアカウント運用代行サービスを開始  1番目の画像

「TikTok」は新規参入と先行者メリットが高い

「TikTok」は、モバイル向けショートムービーアプリ。15秒から1分ほどの短い動画を作成して投稿できる短尺動画のプラットフォームだ。 

アプリ内の特殊効果を活用することにより、ユニークな動画が誰にでも簡単につくれるようになっており、ダンスや口パク、お笑い系からイラスト、料理、メークにペット動画とあらゆるジャンルのショートムービーがシェアされ、新たな流行が発信されている。 

2019年8⽉のグローバルダウンロードランキングにおいてNo.1となり、さらにアメリカ、⽇本、ドイツ、フランス、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシアといった国々において、App Store、Google PlayダウンロードランキングNo.1を獲得するほどの人気アプリに成長した。 

いまや企業がTwitterやInstagramに公式アカウントを開設し運用することは一般的になっており、SNSは企業とそのファンやユーザーが双方向でコミュニケーションをとりながら、企業の魅力やサービス情報を届ける場となっている。

2017年の夏に登場し、2018年で一気に普及した「TikTok」も同様であり、国内ユーザー数が増大して影響力を強めたばかりの現在は、「TikTok」でのファン数が多い企業アカウントはまだ少ないため、公式アカウントの新規参入と先行者メリットを享受できるチャンスだという。 

月額30万円からのプラン内容で運営を一括オーダー

CARAFULは「TikTok」とTikTokクリエイター育成についてのマネジメント契約を締結しており、専属クリエイターの合計ファン数が1,000万人を超える国内最大級のTikTokクリエイター事務所。

これらのCARAFUL専属クリエイターを活用し、企業アカウントの紹介を行い、流入を目指すキャスティングが可能だという。

また、日々のクリエイター育成から、スマートフォンからの閲覧を基本とした60秒までの縦型動画に最適なコンテンツ制作ノウハウを蓄積しているため、企業の世界観や商品の魅力をTikTokに最適なコンテンツフォーマットで伝えることができる。 

月額30万円からのプラン内容に「TikTok」公式アカウントの運営に必要なすべての項目が盛り込まれていることが特長だ。

「インスタ映え」より「TikTok映え」をめざせ! CARAFUL、企業のTikTokアカウント運用代行サービスを開始  2番目の画像

たとえ他のSNS公式アカウント運営が軌道に乗っていたとしても、「インスタ映え」と「TikTok映え」はまったく違う性質を持ち、ユーザーとのコミュニケーション方法にも独自の世界観がある。

そこを学ぶ意味でも、すべてをプロ集団に任せたTikTokデビューならば間違いないだろう。 

CARAFUL株式会社
https://www.caraful.co.jp/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する