1. LUUPが岡崎市のイベント「みらおと!」で電動キックボードの実証実験を実施

LUUPが岡崎市のイベント「みらおと!」で電動キックボードの実証実験を実施

株式会社Luupは、地方創生推進機構「未来のオトガワ実行委員会」が主催する地域のお祭り「みらおと!」にて、電動キックボードの実証実験を実施した。  

LUUPが岡崎市のイベント「みらおと!」で電動キックボードの実証実験を実施 1番目の画像

電動モビリティを扱うシェアリングサービスLUUP 

LUUPは二輪電動キックボード、高齢者向け四輪電動キックボード、シニアカー、そして電動バイクをはじめとする電動マイクロモビリティを扱うシェアリングサービス。

アプリ一つで街中にある電動キックボードの貸し出し・返却ができるようになっており、好きな場所から好きなタイミングで電動マイクロモビリティにのることができる社会を実現し、日常生活や観光地の利便性を向上することを目指して開発された。

みらおと!×LUUPの試乗会 

今回試乗会が行われたのは未来のオトガワ実行委員会が主催する「みらおと!」というイベント。

イベント会場である乙川河川敷左岸には多くの人が集まり、電動キックボードに試乗した。体験した人からは「早く乗れるようにしてほしい」「普段使いしたい」などの声が上がったそうだ。

公道を走行する場合は原動機付き自転車に分類され、ヘルメットの着用が義務付けられているが、身長が120㎝以上・14歳以上であれば自転車が乗れない人でも問題なくのれるのでうまくいけば高齢者の移動手段としても活躍してくれるだろう。

高齢ドライバーの事故が相次ぐ中、未来の移動手段として定着していけるかどうか、今後の展開に注目していきたい。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する