1. Amazonがついに日本でも偽造品撲滅へ!「Project Zero」が10月9日(水)から提供開始

Amazonがついに日本でも偽造品撲滅へ!「Project Zero」が10月9日(水)から提供開始

Amazonは、10月9日(水)日本で偽造品の撲滅を目的としたプロジェクト「Project Zero」の提供を開始した。

Amazonがついに日本でも偽造品撲滅へ!「Project Zero」が10月9日(水)から提供開始 1番目の画像
出典元:アマゾンジャパン合同会社プレスリリース

「Project Zero」の3つの機能

本プロジェクトは、Amazonの高度な技術に加え、ブランドオーナーが保有している知的財産権に関する知見および自社商品の偽造品を検知するための情報を組み合わせて開発されたプロジェクト。このプロジェクトには次の3つの機能が備わっている。

自動プロテクション機能

自動プロテクション機能では、世界中のAmazonで毎日更新される50億件を超える商品情報(商標、ロゴなど)を継続的に自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を検知。

この機能により、これまでに9000万点以上の偽造品の疑いのある出品をユーザーが閲覧する前に排除したという。

セルフサービスの偽造品削除ツール

こちらは、ブランドオーナーが偽造品の疑いがある商品をAmazonのサイト上から削除できる権限を持つことができるようになるツール。

削除された商品情報は、自動プロテクション機能に反映され、偽造品の検出精度の向上に役立てられる。企業にとってはわざわざ連絡を入れる手間が省けるので非常に便利な機能だといえる。

商品のシリアル化(日本では2020年前半に提供開始予定)

商品のシリアル化は、ブランドオーナーが自社商品の製造および発送の過程で固有のコード(シリアルコード)を発行し、そのコードによってAmazonで販売される1つ1つの商品の真偽を精査し、確認するサービス。

こちらはオプションにはなるが、商品のシリアル化と自動プロテクション機能を組み合わせることで、偽造品を効率的に取り締まることができる。

Project Zeroに高まる偽造品撲滅への期待

本プロジェクトは、2019年の初めに米国および欧州でスタートし、すでに日本でも試験運用を開始しているブランドオーナーの企業もある。

各企業からは、その使いやすさと効果に好評の声が集まっているようだ。

Amazonは「Project Zero」における今後の展開について「今後も、Amazonのテクノロジーの向上とProject Zeroをご利用いただけるエリアの拡大、そして多くのブランドオーナーの皆様のご協力により、偽造品撲滅に向けて取り組んでまいります。」と語っている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する