1. イタリア発の高コスパ腕時計「スピニカー」が日本上陸。ヴィンテージ×ダイバーがブームになるか?

イタリア発の高コスパ腕時計「スピニカー」が日本上陸。ヴィンテージ×ダイバーがブームになるか?

イタリア発の腕時計ブランド「スピニカー(SPINNAKER)」が、10月1日に上陸する。「ツェッペリン」や「ヘンリーロンドン」の日本総代理店を務める株式会社ウエニ貿易が、正規輸入販売を始める。

イタリア発の高コスパ腕時計「スピニカー」が日本上陸。ヴィンテージ×ダイバーがブームになるか? 1番目の画像

ダイバーズ時計×ヴィンテージ時計

スピニカーの由来は、ヨットのマストの前方にはる、半球形の大きな帆。「海を越え、海と生きる時計」をコンセプトに、ダイバーズ時計をカジュアルに落とし込んだデザインが特徴だ。まだダイバーズ時計と同じく世界的なブームとなっている、ヴィンテージ時計の要素も取り入れている。

自動巻きの本格時計でありながら、3万円台というコストパフォーマンスも魅力。また時計本体の18~20気圧防水だけでなく、革ベルトにもウォータープルーフ加工が施されており、タフに使える仕様となっている。

イタリア発の高コスパ腕時計「スピニカー」が日本上陸。ヴィンテージ×ダイバーがブームになるか? 2番目の画像

ヴィンテージと現代の融合

スピニカーの代表モデル「BRADNER(ブラッドナー)」は、1950〜1960年頃にブームになったコンプレッサースタイルを採用。回転式スケールをガラスの内側に設け、2時位置のリューズで操作する仕様が、レトロな雰囲気を醸し出す。 

反対に文字盤は、蓄光機能を備えた現代的なデザインとなっている。

イタリア発の高コスパ腕時計「スピニカー」が日本上陸。ヴィンテージ×ダイバーがブームになるか? 3番目の画像

ブラッドナーは3色展開。全国の時計売場、セレクトショップで販売される。

スピニカー:https://www.spinnaker-watches.jp/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する