1. サラリーマンの悲哀を描く現代サーカス「CLONES」が大阪上陸。9月28日にチケットよしもとで先行発売開始!

サラリーマンの悲哀を描く現代サーカス「CLONES」が大阪上陸。9月28日にチケットよしもとで先行発売開始!

吉本興業は2020年2月7日(金)~11日(火・祝)に、大阪市中央区の大阪城公園内にある「COOL JAPAN PARK OSAKA(TTホール)」で、シアターサーカス作品「CLONES(クローンズ)」を上演する。

日本パントマイム界の鬼才「KAMIYAMA」が2000年に上演したソロ舞台作品「CLONE’ S・Lot-No.0067」をサーカスバージョンにリメイク。情報化社会に翻弄される現代の「サラリーマン」の悲哀を、スーツをまとったトップパフォーマーたちが演じる。

サラリーマンの悲哀を描く現代サーカス「CLONES」が大阪上陸。9月28日にチケットよしもとで先行発売開始! 1番目の画像

スーツ姿のパフォーマーが繰り広げる特製サーカス 

「CLONES(クローンズ)」は、世界屈指のパフォーマーによるサーカスアクロバットと、日本のアニメーションと電子音楽を融合した新感覚の演目だ。

国籍はもちろん、性別や年齢も問わずに楽しめるショーとして、吉本興業主催で大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールでの初公演(全8公演)を予定している。

企画演出・プロデュースを勤めるのは株式会社Zero-Ten。

内容は、日本パントマイム界の鬼才「KAMIYAMA」が、2000年に上演したソロ舞台作品「CLONE’ S・Lot-No.0067」をサーカスバージョンにリメイクしたシアターサーカス作品。

情報化社会に翻弄される現代の「サラリーマン」をテーマに、スーツを着たトップパフォーマーたちが繰り広げる、笑いあり、スリルあり、感動ありのスペシャルサーカスだ。 

サラリーマンの悲哀を描く現代サーカス「CLONES」が大阪上陸。9月28日にチケットよしもとで先行発売開始! 2番目の画像
サラリーマンの悲哀を描く現代サーカス「CLONES」が大阪上陸。9月28日にチケットよしもとで先行発売開始! 3番目の画像

9月28日(土)チケットよしもとで最速先行発売開始 

2020年2月7日(金)~11日(火・祝)の全8公演。会場は COOL JAPAN PARK OSAKA(TTホール)。上演時間は約70分、料金は全席指定・税込6,800円。

出演者はKAMIYAMA(パントマイム)、 望月ゆうさく(ディアボロ) 、品川ミズキ(エアリアル)、 海外パフォーマー(サーカスパフォーマンス)、ANALOGIX(テクノバンド)。

予定の演目は、パントマイム、エアリアルストラップ、 コントーション、シルホイール、キューブ、チャイニーズポール、プロジェクションディアボロ、プロジェクションウォールトランポリン。

9月28日(土)10:00からチケットよしもとで最速先行発売するという。

悩めるサラリーマン現代サーカスを観ることで、日頃の鬱憤を笑い飛ばせれば最高だろう。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する