1. 駅で気軽にテレワーク!経堂駅・町田駅に個室ブース「テレキューブ」が設置

駅で気軽にテレワーク!経堂駅・町田駅に個室ブース「テレキューブ」が設置

小田急電鉄株式会社は防音性の高い個室型コミュニケーションブース「テレキューブ」を、10月1日(火)から小田急線の経堂駅・町田駅に設置する。

「営業先に早めについてしまった」「面接前の最終チェックの場所がない」などのシーンに便利な個室ブースが新たなエリアに登場。

駅で気軽にテレワーク!経堂駅・町田駅に個室ブース「テレキューブ」が設置 1番目の画像
出典元:株式会社ブイキューブプレスリリース

移動の合間に便利な「テレキューブ」

テレキューブは、テーブル・イス・電源コンセントなどを備えた防音型のコミュニケーションブースだ。

「ビジネスパーソンが周囲に気兼ねなく働けるセキュリティの高いコミュニケーションスペース」をコンセプトに作られたという。

ボックス内はセキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務を行えるだけでなく、電話・Web会議などにも使用できる。

経堂駅と町田駅に2台ずつ導入

テレキューブは、小田急線の経堂駅と町田駅にそれぞれ2台ずつ設置される。経堂駅には10月1日(火)から、町田駅には10月中に導入予定とのこと。

利用時間は9時~20時で、15分250円(税別)で使用可能だ。利用する際には、専用サイトで会員登録と予約が必要になる。いざ使いたいときのためにあらかじめ登録しておくとスムーズだろう。

近年、働き方改革の推進のための手段として注目が集まる「個室ブース」。

現在導入している駅は、数えるほどしかないが、JRや東京メトロでも着々と実証実験や導入が進んでいる。今後の展開に期待が高まる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する