1. サービス拡大へ!高学歴層限定の採用プラットフォームJobShotが資金調達を実施

サービス拡大へ!高学歴層限定の採用プラットフォームJobShotが資金調達を実施

高学歴層の学生を中心とした新卒・長期インターン採用マッチングプラットフォーム「JobShot」を提供する株式会社Buildsは、東大創業者の会応援ファンド株式会社を引取先とする、第三者割当増資による資金調達を実施した。金額は非公開だ。 

サービス拡大へ!高学歴層限定の採用プラットフォームJobShotが資金調達を実施 1番目の画像

長期インターン経験者はたった3%  

学生が就業前に企業などで就業体験をするインターンシップ。言葉は大分根付いてきたが実際にインターンシップの情報が得られる媒体は少ない。株式会社Buildsの調査では、GMARCH以上の高学歴学生でも75%の学生が長期インターンに興味を示しているが、実際に長期インターンを経験している学生は3%にとどまるという。

これは「長期インターンに関する情報が入ってこない」ことが最大の原因だ。 

高学歴層限定の採用プラットフォームJobShot 

本来ポテンシャルの高いはずの人材が力を活かせる企業と出会えない。この現状を変えるためにできたサービスが高学歴層限定の採用プラットフォームJobShotだ。

サービス拡大へ!高学歴層限定の採用プラットフォームJobShotが資金調達を実施 2番目の画像

登録学生は東大京大早慶GMARCHの高学歴とされる学生に限定され、「大学」「学部」「学年」といった学生データのほか「起業経験がある」「サークルや部活の代表を経験したことがある」「大学時代に彼氏/彼女がいた」などの検索も可能なのでより企業が求める人材にリーチすることができる。

もちろん新卒採用もできるが、長期インターン採用も行っているので1年生のうちからビジネス経験をしたいという意識の高い層へのアプローチが可能だ。

今回の資金調達で今後のサービス拡大に向けてのユーザー獲得やユーザビリティの向上を目指すという。

プロフィールを見てスカウトをしたり、月に5回ほど行われるオフラインのイベントで直接採用を行うこともできるので新卒採用に課題がある企業は問い合わせてみると良いだろう。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する