1. 堀江貴文氏も登壇!外食産業の未来を考えるカンファレンス「FOODIT TOKYO 2019」が9月25日に開催

堀江貴文氏も登壇!外食産業の未来を考えるカンファレンス「FOODIT TOKYO 2019」が9月25日に開催

FOODIT TOKYO実行委員会は、日本の外食産業の未来を考えるカンファレンス「FOODIT TOKYO 2019」を9月25日(水)に東京ミッドタウンホールにて開催する。 

堀江貴文氏も登壇!外食産業の未来を考えるカンファレンス「FOODIT TOKYO 2019」が9月25日に開催 1番目の画像

外食×ITを考える 

FOODIT TOKYOは「外食の未来が生まれる場所を作ろう」という趣旨ではじまり、2015年から毎年開催されているイベント。

今回で5回目の開催となるが外食産業を取り巻くIT環境は急速に変化している。

当初は飲食店のIT化の是非を議論していたが、今はフードデリバリーサービスや電子マネーなど様々なテクノロジーが台頭したことによってIT化はもはや前提となり、「テクノロジーをどう使いこなすか」というところに突入した。

外食とテクノロジーの融合が進む中、厳しい競争を勝ち抜くには外食業界にも発想の転換が求められており、外食産業のこれからについて議論を深める必要があるだろう。 

20名以上の豪華ゲストが登壇 

「FOODIT TOKYO 2019」では外食産業やIT企業のリーダーによる講演やパネルディスカッションなど前15セッションが予定されている。

内容はインバウンド戦略や経営スタイルの変遷、ネット炎上、サスティナビリティ、クックテック、シェアキッチンなど。

また、毎年超満員になるSNS media&consulting株式会社ファウンダーの堀江貴文氏のセッションでは、2020年代に向けて今飲食業界に求められるもの・果たすべき役割について縦横無尽に語りつくす。

飲食店経営者や飲食店向けIT事業者1000人ほどが一堂に会するビッグイベント。懇親会に出て人脈を広げてもいい。外食やITについてとことん議論を尽くすまたとない機会とだろう。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する