1. TECHFUNDが国内初のICO/IEO/STOアクセラレータープログラム「ACCEL PROGRAM」の第4期生を一般募集開始

TECHFUNDが国内初のICO/IEO/STOアクセラレータープログラム「ACCEL PROGRAM」の第4期生を一般募集開始

国内外スタートアップへの技術投資事業及び大企業の社内新規事業開発支援プログラムの提供ならびにBlockchain as a Service事業を展開する株式会社TECHFUNDは、アクセラレータープログラム「ACCEL PROGRAM」の第4期一般募集を開始した。

TECHFUNDが国内初のICO/IEO/STOアクセラレータープログラム「ACCEL PROGRAM」の第4期生を一般募集開始 1番目の画像

総合支援型のアクセラレータープログラム「ACCEL PROGRAM」

「ACCEL PROGRAM」は、国内外のスタートアップを集めて、独自のICO/IEO/STOに向けたビジネス設計から開発、マーケティングまでをサポートする総合支援型のアクセラレータープログラム。

海外におけるICO/IEO/STOを検討している国内外のスタートアップ(起業前の個人やチームでの応募も可)が対象となるという。 

「ACCEL PROGRAM」参加企業のEthersecurity Pacific Holdings社が、East Ven-tures社より数千万円の資金を調達したことが直近の実績だ。 

合計資金調達額約230万ドル!300社以上のスタートアップを支援

「ACCEL PROGRAM」がこれまでに支援したスタートアップは、実に300社以上。支援先スタートアップの合計資金調達額は約230万ドルにもおよぶ。 

プログラムに参加したスタートアップの国は8ヵ国以上となり、14ヵ国100社以上もの機関投資家とのつながりを持つ。また、上場企業など国内大手企業での新規事業支援も30社以上の実績があるという。 

このたびは第4期の募集だが、プログラムの内容をおおまかに説明すると①ビジネススキーム・トークンエコノミーの設計②開発③マーケティングとなっており、採択社数は上限8社の予定。 

詳細は公式サイトで確認してほしい。 

特設サイトからのエントリーによる応募締め切りは8月31日(日)。事業計画をブラッシュアップして資金調達に挑みたい起業家は、この機会にぜひチャレンジしてみよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する