1. 情報感度が高い学生ならではの発想で企業の悩みや課題を解決。学生専用コワーキングスペースを活用した『CAMPUSシンクタンク』がスタート

情報感度が高い学生ならではの発想で企業の悩みや課題を解決。学生専用コワーキングスペースを活用した『CAMPUSシンクタンク』がスタート

株式会社キャンパスプラスは、学生ならではの多角的な発想を企業の悩みや課題解決に生かす取り組み『CAMPUSシンクタンク』をスタートした。

情報感度が高い学生ならではの発想で企業の悩みや課題を解決。学生専用コワーキングスペースを活用した『CAMPUSシンクタンク』がスタート 1番目の画像

日本最大の級学生専用コワーキングスペース「CAMPUS PLUS」を活用 

リアルメディアを活用した若者を対象としたマーケティング調査や、プロモーションを実施する株式会社キャンパスプラスがこのたび運営を開始した『CAMPUSシンクタンク』は、2018年7月に渋谷から秋葉原に移転した日本最大級学生専用コワーキングスペース「CAMPUS PLUS」を活用した取り組み。 

コワーキングスペース「CAMPUS PLUS」では、たったの500円から1日利用が可能で、Wifi電源完備、会議のためのホワイトボードやプロジェクターも設置、飲食持ち込み可でフリードリンクといったハイレベルな環境を提供。 

株式会社キャンパスプラスは、ここに集まる情報感度の高い学生から集まるコメントやデータを活用し、若者を対象としたマーケティング調査やプロモーションを行なっているという。 

『CAMPUSシンクタンク』では、学生が企業の課題や悩みを解決するためのアイデアコンペや、専門性の高い学生によるコンペディションを実施。今後さらに学生と企業をマッチングしていく予定だ。

学生の目を惹くデザインを競うデザインコンペを実施

オープンに先駆けて本年7月、『CAMPUSシンクタンク』はキャンパスプラス会員限定のデザインコンペを実施。

学生たちへ伝えたテーマは、「CAMPUS PLUSの内装イメージにあったものでありながらも、学生の目を惹くデザイン」であること。学生ならではのさまざまなアイデア・発想が詰め込まれた作品が集まったという。 

こうした取り組みを行うことで、学生側は、自分のスキルを実践の場で試すことができ、キャリアアップにつながる。

さらに同世代のさまざまなアイデアに触れ、刺激を受けることができるといったメリットもある。 

企業側としては、学生ならではの多角的で尖ったアイディアに触れることができ、お題を出した企業や商品について深く考えるきっかけに。良いアイデアが集まれば、それを採用することも可能であり、多くの学生とスキルを見た上でつながることができる。 

学生と企業双方のニーズを満たす『CAMPUSシンクタンク』、興味のある企業はぜひ株式会社キャンパスプラスに問い合わせてみてほしい。  

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する