1. 広報のお悩みをアナウンサーが解決!企業に専属のアナウンサーがつく「女子アナ広報室」がスタート

広報のお悩みをアナウンサーが解決!企業に専属のアナウンサーがつく「女子アナ広報室」がスタート

現役アナウンサーによる話し方研修事業を展開する株式会社トークナビが、広報活動に悩みを抱える中小企業の魅力を再発見し、ブランディングやメディアへのアプローチ戦略を二人三脚で行う「女子アナ広報室」を開始した。

広報のお悩みをアナウンサーが解決!企業に専属のアナウンサーがつく「女子アナ広報室」がスタート 1番目の画像

メディアで培った取材力で、客観的に企業の魅力を発掘

広報室に所属する現役アナウンサーは、全員がテレビ出演だけではなく取材や記者業務も行ってきたメディア経験者。

テレビ局に来るさまざまな売り込みからネタを探し、放送に繋げてきた経験のある立場から、企業の強みを探り、伝え方を変えることでマスコミに取り上げられやすい企業へとブランディングしてくれるという。

テレビ取材が入った際には出演前のメディアトレーニングが受けられるのも魅力の1つだ。

「潜在アナウンサー」の働き方にも貢献

広報のお悩みをアナウンサーが解決!企業に専属のアナウンサーがつく「女子アナ広報室」がスタート 2番目の画像

資格を持っているのに職に就かない潜在看護師や保育士などが社会問題になる中、実は「潜在アナウンサー」も存在しているのはご存じだろうか。

なりたい職業として人気の高いアナウンサーは飽和状態で、他のアルバイトを掛け持ちしながら続けている人もいれば、アナウンサー経験があるのに職に就けない潜在アナウンサーになることもあるのだとか。

今回の「女子アナ広報室」では、そんな彼女らの経験をいかした仕事ができるようになることで、潜在アナウンサーの働き方に貢献している。

広報活動の重要度に気づきながらも、目の前の仕事に追われ、後回しにしている企業も多いはず。専属女子アナをつけて、戦略的な広報活動に取り組んでみるのも一つの手かもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する