1. 100円均一のコワーキングスペース『100円スペイシー』オープン!電源付きの席が確保できてドリンク代も不要

100円均一のコワーキングスペース『100円スペイシー』オープン!電源付きの席が確保できてドリンク代も不要

株式会社スペイシーは、1時間100円で利用できるコワーキングスペース『100円スペイシー』を7月10日(水)より開始した。

100円均一のコワーキングスペース『100円スペイシー』オープン!電源付きの席が確保できてドリンク代も不要 1番目の画像

1時間100円で利用できるコワーキングスペース誕生

100円スペイシー』を運営する「スペイシー」は、1ルーム1時間500円、デスクを1時間100円から貸し借り可能な会議室シェアサービスで、首都圏を中心に約5,000室の会議室や研修施設・イベントホール等、また約40箇所1,000席のワークスペースを取り扱っている。ビジネスパーソンを中心とした会員数は21万人を突破する人気ぶりだ。 

そこでスペイシーは、この会議室の当日の空き時間や飲食店のアイドルタイムの空席、オフィスの遊休スペースを活用することで、1時間100円で利用できるコワーキングスペース『100円スペイシー』として、提供することにしたという。 

100円均一のコワーキングスペース『100円スペイシー』オープン!電源付きの席が確保できてドリンク代も不要 2番目の画像

『100円スペイシー』の最大のメリットは、都内駅近の電源完備のワークスペースを1時間100円で利用できるということ。  

100円均一のコワーキングスペース『100円スペイシー』オープン!電源付きの席が確保できてドリンク代も不要 3番目の画像
100円スペイシー 東京八重洲店

提供地域は広く、東京、新宿、渋谷、新橋、品川、池袋、横浜、秋葉原、飯田橋、上野、六本木、神田、有楽町、浜松町、高田馬場、青山一丁目、神保町、日本橋、大宮と19駅もあるのでありがたい。

リモートワークできる場所の確保が新たな課題

働き方改革の推進により、リモートワークを取り入れる企業が増えている。しかしながら、リモートワークができる場所の確保が難しいことが新たな課題となってしまった。

とくに、外出中はPCを利用するための電源に困ることも多く、電源のあるカフェを探す時間がリモートワークのタイムロスになりかねない。また、一人利用のカフェ費用は会社経費としては認められにくいため、ビジネスパーソン個人の経済的負担となりがちだ。 

株式会社スペイシーは、1時間100円均一のワークスペース全国100カ所開設を目指すことで、働き方改革推進の後押しをしていく。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する