1. IT業界の働き方改革の現状がわかる『ITエンジニアの働き方改革 情報サービス産業白書2019』が発売

IT業界の働き方改革の現状がわかる『ITエンジニアの働き方改革 情報サービス産業白書2019』が発売

IT業界の働き方改革の現状がわかる『ITエンジニアの働き方改革 情報サービス産業白書2019』が発売  1番目の画像

IT関連メディア事業を展開する株式会社インプレスが、情報サービス業界の働き方改革がわかる『ITエンジニアの働き方改革 情報サービス産業白書2019」を7月3日(水)に発売した。

『情報サービス産業白書』最新版のテーマは、働き方改革

1987年に刊行が始まった『情報サービス産業白書』では、企業情報システムの開発を請け負う情報サービス産業に、最新のテーマに基づいた提言を行ってきた。 

そんな『情報サービス産業白書』の今回のテーマは「働き方改革」。 

かつて、きつい・帰れない・給料が安いの「3K」などといわれ、ブラックな職種の代名詞だったITエンジニアの「働き方改革」にフォーカスし、その働き方の実態と働き方改革への取り組みを紹介している。

IT業界に「ワクワク」した働き方を

本書で大きく取り上げているのは、いち早く職場環境の改革に取り組んできた情報サービス産業協会(JISA)の「JISA働き方改革宣言」だ。

「JISA働き方改革宣言」とは、時短や効率化の先にある「ワクワク」の追求を究極の目標としたもので、その取り組みとして「ITエンジニアのワクワクする働き方に関する調査」を実施。本書ではその全容を掲載し、「ワクワク」と働く環境の因果関係を明らかにしている。

成長が目まぐるしい一方で、そのブラックな職場環境が問題視されているIT産業だが、この一冊から「ワクワク」した職場環境を実現するヒントが得られるかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する