1. KDDI・ソフトバンク・トヨタ自動車がトップ3。有望スタートアップ企業が選んだ『イノベーティブ大企業ランキング2019』を公開

KDDI・ソフトバンク・トヨタ自動車がトップ3。有望スタートアップ企業が選んだ『イノベーティブ大企業ランキング2019』を公開

KDDI・ソフトバンク・トヨタ自動車がトップ3。有望スタートアップ企業が選んだ『イノベーティブ大企業ランキング2019』を公開 1番目の画像

株式会社プロジェクトニッポンが運営するイノベーションリーダーズサミット(以下、ILS)実行委員会は6月20日(木)、スタートアップとの連携を通じたオープンイノベーションに積極的な大企業の人気ランキング調査『イノベーティブ大企業ランキング』の2019年度版を発表した。

オープンイノベーションに積極的な大企業の上位30社を紹介

本調査は、日本の大企業によるオープンイノベーション状況を俯瞰的に指標化することを目的に、経済産業省と共同で、日米のベンチャーキャピタリストなど107名によって選出された「有望スタートアップ企業約1,000社」を対象としたアンケート調査によるもの。 

2019年度版の結果としてスタートアップ投資に積極的な大企業として名前を連ねたのは、「KDDI」、「ソフトバンク」、「トヨタ自動車」が昨年に引き続きトップ3を維持。 

さらに、昨年から順位を上げて新たに10位圏内へランクインしたのは「パナソニック」、「JR東日本」、「デンソー」。業界別では、「三井化学」や「富士フイルム」、「三菱UFJ銀行」と「関西電力」などが、専門領域で存在感を示したという。 

KDDI・ソフトバンク・トヨタ自動車がトップ3。有望スタートアップ企業が選んだ『イノベーティブ大企業ランキング2019』を公開 2番目の画像

続く総合100位までのすべてのランキング、およびスタートアップ業界別ランキング(全20業界)の詳細が知りたい方は、ILS公式サイトから資料請求をしてほしい。   

ILS (イノベーションリーダーズサミット) とは

大手企業のアセットとベンチャー企業のアイデアやテクノロジーをマッチングし、グローバルイノベーションを生み出すことを目的として、経済産業省後援のもとで発足したオープンイノベーションカンファレンス。

昨年10月開催の第6回ILSでは、1,026件もの協業案件が創出されている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する