1. 部署や役割を超えてブランドの変化を全員で共有。ブランドのための予実管理ダッシュボードツール「FRACTA VECTOR」

部署や役割を超えてブランドの変化を全員で共有。ブランドのための予実管理ダッシュボードツール「FRACTA VECTOR」

部署や役割を超えてブランドの変化を全員で共有。ブランドのための予実管理ダッシュボードツール「FRACTA VECTOR」 1番目の画像

株式会社フラクタが、ブランドのための予実管理ダッシュボードツール「フラクタベクター」(FRACTA VECTOR)を正式リリース。5月31日までの申し込みで1ヵ月間無料トライアルを実施中だ。

チームの目標や方針を管理、共有することができる

株式会社フラクタがリリースした「フラクタベクター」は、チームの目標や方針管理が実現できるダッシュボードツール。

 ”売上目標”と”任意の目標(KPI目標)”の2つのデータを、チームで共有する一枚のダッシュボードに表示させることで、目標や方針管理をはかることができる。 

常にデータをディスプレイで確認できるよう、シンプルさと見やすさを意識したフラットなUIで設計されており、これによって「数字や現状を共有できず認識を揃える土台がない」といった組織の課題を払拭し、データへのアクセス性を向上させ、さらにブランド内部の意識統合と一体感の醸成を目指す。

「フラクタベクター」 でできること

「フラクタベクター」は、目標と実績の動向を見て、ふりかえりの議論をするといったコミュニケーションを実現するために、次のような機能が用意されている。

 「売上目標」と「任意の目標(KPI目標)」という2つの目標設定ができ、施策の把握と、計測タグを使用したユーザー動向の把握、フラクタへの相談メニューの活用というもの。

これによって、データを見る習慣づくりや、目標認識の共有化、次のアクションを実行するスピードの向上など、チームのコミュニケーションへの効果が期待できる。

実際にベクターβ(ベータ)版を導入した企業からは、

「店舗からクリエイティブ担当まで全員が集まっていたので、確認や考察がスピーディで、意思決定もその場で済んだ」

「マーケティングやブランディングが必要な時代、全員で目標管理するのはこれから必要だし新しい発想。発想に感心した」

「分断された部署を繋ぐきっかけツールとなりそう」 

といった感想が寄せられている。

1ヵ月利用料無料キャンペーン中

現在、リリース開始を記念して、2019年5月31日(金)までの申し込みに限り、ベクターを1ヶ月間利用料無料で使えるキャンペーンを実施中だ。

ブランド力をあげたい企業のEC担当者は、この機会に試して見ることをおすすめする。

<キャンペーン概要> 

期間:2019年5月31日(金)まで
利用期間:申し込み後、アカウントを発行してから1ヵ月間
応募方法:公式サイトのコンタクトページ(https://fracta.co.jp/contact/)より 

FRACTA VECTOR
https://fracta.co.jp/vector/ 

Texts by 佐藤優子

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する