1. ライバル店舗のカタログから生活者の日々の料理まで、欲しい書類をデータで納品!「画像データ報告サービス」がついに開始

ライバル店舗のカタログから生活者の日々の料理まで、欲しい書類をデータで納品!「画像データ報告サービス」がついに開始

ライバル店舗のカタログから生活者の日々の料理まで、欲しい書類をデータで納品!「画像データ報告サービス」がついに開始  1番目の画像

流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社(以下、インパクトホールディングス)が、登録スタッフ(メディアクルー)を活用し、指定された書類などの撮影・画像データのみを集める「画像データ報告サービス」を開始した。

全国にスタッフを抱えるインパクトホールディングス株式会社

インパクトホールディングスは、調査インフラとして、28万人を超える全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)を抱える。

インパクトホールディングスの実施する店頭リサーチ事業やマーケティング事業を支えているのがメディアクルーたちである。 

「画像データ報告サービス」の背景に情報収集の効率化の悩み

インパクトホールディングスでは、調査レポート管理システム「マーケットウォッチャー」を活用し、調査レポートの報告を行っている。

「画像データ報告サービス」企画の背景は、マーケティングを実施している企業より、現地調査を行う工数や、情報収集の効率化についての相談が寄せられたことだ。

「画像データ報告サービス」の概要

「画像データ報告サービス」では、全国28万人のメディアクルーを活用して指定された書類などを撮影、画像データを収集する。 

これにより、課題抽出のための情報収集や導入前のプレ調査として、主にパンフレット・カタログ、商品、投函物(広告・チラシ)や、地域特性のあるものなどの画像データの収集が可能になる。 

導入事例としては「ベンチマークする店舗のカタログが見たい」、「生活者の日々の料理が見たい」、「投函されるチラシが見たい」などが想定されている。「画像データ報告サービス」を利用する場合の納品までの流れは次のとおりだ。 

ライバル店舗のカタログから生活者の日々の料理まで、欲しい書類をデータで納品!「画像データ報告サービス」がついに開始  2番目の画像

1.打ち合わせ
2.調査員・条件選定
3.実査
4.レポートチェック(画像サイズや読み取り確認)
5.データ納品・現物納品

全国のメディアクルーが収集したデータはレポートとしてまとめられ、納品される。

インパクトホールディングス
https://impact-h.co.jp 

「画像データ報告サービス」サイト
https://impact-h.jp/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する