1. 1回20円で従業員の起床確認。法人向けモーニングコール「ノーミス」がリニューアル

1回20円で従業員の起床確認。法人向けモーニングコール「ノーミス」がリニューアル

1回20円で従業員の起床確認。法人向けモーニングコール「ノーミス」がリニューアル 1番目の画像

法人向けモーニングコールを提供するWEBサービス「ノーミス」がリニューアル。1回20円から利用できるようになった。

従業員の寝坊・遅刻を事前に察知

 「ノーミス」は、電話で従業員の起床確認を自動化する法人向けモーニングコール。従業員の寝坊・遅刻を事前に察知し、業務ミスによる信用低下、ビジネスの停滞を防止するサービスだ。 

今回のリニューアルでは、これまでのBasicプラン(1回50円)、Premiumプラン(1回100円)に加え、新たにReceiveプラン(1回20円)が追加された。小規模事業の場合、月1000円以下で利用することもできるため、より柔軟に起床確認が行えるようになった。 

Receiveプランでは、従業員が予約時間までにシステムへ電話をかけ、その着信をもって起床確認となる。予約時間になってもシステムに着信がない場合は、2回まで本人へ電話連絡。それでも起床確認できない場合は、店長など責任者に緊急連絡する仕組みとなっている。

なおBasic・Premiumプランでは、予約時間になるとシステムが従業員へ電話を発信し、起床確認をする。

予約管理はPC、スマホで可能

管理画面はPCはもちろん、スマートフォンからでも操作可能。出先でも予約変更や起床状況の確認などができるよう最適化されている。また起床確認の予約や、従業員の登録作業はエクセルで一括登録することができ、人数が多い事業所も利用しやすくなっている。 

また同サービスは、月額課金やユーザー課金ではなく「ポイント制」を採用。1回単位でポイントが消費されるため、シフトが少ないスタッフにも無駄なく利用できる。なお今回のリニューアルでポイント履歴の仕様が変更され、CSVダウンロード機能が追加された。変更後は、「誰が、何時、何で、何ポイント」利用したのかが詳細に確認できるようになった。 

また姉妹サービスとして個人向けモーニングコール「モーニングコールセンター」も用意されている。

ノーミス
https://nomiss.jp/  

モーニングコールセンター
https://morningcall.center/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する