1. プレゼンに遊びゴコロを!双方向プレゼンアプリ 「Comment Screen」登場

プレゼンに遊びゴコロを!双方向プレゼンアプリ 「Comment Screen」登場

プレゼンに遊びゴコロを!双方向プレゼンアプリ 「Comment Screen」登場 1番目の画像

一般社団法人 筑波フューチャーファンディングは、双方向プレゼンアプリ「Comment Screen」を提供開始した。

観客の反応をリアルタイムで反映

Comment Screenは、これまで「発表者→観客」という1方向だけだったプレゼンテーション形式を覆す双方向プレゼンアプリ。学生たちが“遊び”でつくったという経緯もあり、観客を楽しませる機能が備わっている。

プレゼンに遊びゴコロを!双方向プレゼンアプリ 「Comment Screen」登場 2番目の画像

同アプリを起動させている間、観客は専用画面から「いいね!」やコメントなどを書くことができ、発表者のプレゼンテーション画面の上下端に表示することが可能。

観客は飽きずに発表を聞ける上、分からない点などをリアルタイムで質問することもできる。発表者にとっても「聞いてもらえている」という実感が湧くメリットがあるという。

プレゼンに遊びゴコロを!双方向プレゼンアプリ 「Comment Screen」登場 3番目の画像

導入方法は発表者のパソコンに同アプリをインストールし、プレゼンテーションの前に起動。観客は発表者のパソコンに表示されるQRコードをスマートフォンなどで読み込むことで、コメントを書き込む画面を開くことができる。

開発者は“内閣総理大臣賞”を受賞した若手エンジニア

同アプリの開発に携わったのは、筑波大学でメディアアート作品を研究中のエンジニア・冨平準喜氏のチーム。 

プレゼンに遊びゴコロを!双方向プレゼンアプリ 「Comment Screen」登場 4番目の画像
冨平準喜氏

これまでに、音声を読み込むだけで自動で文字起こしをする「リスニングプレイヤー」や、 Web上でのDDOS攻撃に対するセキュリティソフト「WebAssemblyMining」などを発表。

プレゼンに遊びゴコロを!双方向プレゼンアプリ 「Comment Screen」登場 5番目の画像

中でも20歳の時にチームメンバーと開発したVRスポーツ観戦システム「シンクロアスリート」は、第7回ものづくり日本大賞にて内閣総理大臣賞を受賞。

東京五輪での導入も決定しているといい、今後の活躍に注目だ。

Comment Screen
https://commentscreen.com/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する