1. 倉敷発の帆布工場TAKEYARIから急な出張にも心強いタフなバックパックが新登場

倉敷発の帆布工場TAKEYARIから急な出張にも心強いタフなバックパックが新登場

倉敷発の帆布工場TAKEYARIから急な出張にも心強いタフなバックパックが新登場  1番目の画像

131年の歴史を誇る帆布工場「TAKEYARI」が大容量なのに軽量で雨にも強いタフなバックパックをオンライン限定で販売する。

「Takeyari-タケヤリ」の帆布

株式会社タケヤリは明治21年(1888年)に創業された、倉敷帆布の半分以上を作る日本で最も歴史の長い工場だ。

帆布の用途は幅広く、登山用リュックをはじめ、職人の工具入れや、体育マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの人々の生活に欠かせない。

セルビッチのシャトル織機が織りなす超高密度の極厚帆布は綿糸の整経から織布、検査にいたるまですべての工程が職人の手作業だ。

「帆布といえばタケヤリ」との呼び声も高い、タケヤリの帆布は国内だけでなく世界中で愛されている。 

倉敷発の帆布工場TAKEYARIから急な出張にも心強いタフなバックパックが新登場  2番目の画像

 驚きの機能性

倉敷発の帆布工場TAKEYARIから急な出張にも心強いタフなバックパックが新登場  3番目の画像
倉敷発の帆布工場TAKEYARIから急な出張にも心強いタフなバックパックが新登場  4番目の画像

こちらのバックパックの魅力はタフな帆布を使用していることだけにとどまらない。

15インチまでのラップトップが収納できる衝撃吸収材の入ったポケットに加え、充電器やペンなど小物類を仕分けできる小さなポケットなど、収納スペースの大きさだけではなく小物の取り出しやすさも考慮している。  

倉敷発の帆布工場TAKEYARIから急な出張にも心強いタフなバックパックが新登場  5番目の画像

ウエイトは1キロと軽量なのに25リットルの大容量で開口部も広いので大きな荷物もザクザク入れられる。自衛隊のテントやトラックの幌にも応用されているパラフィン加工を施した糸により高密度で織られているため雨にも強い。

もちろんデザインにも気を抜かない。エッジの利いた四角いボディと特殊加工による絶妙なシワによる立体感。シンプルコーデも格上げしてくれる、スクエアパックだ。 

公式オンラインストア
https://takeyari-tex.com 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する