1. 最適な仮眠でパフォーマンスを高める。睡眠アプリ「Somnus」に新機能が追加

最適な仮眠でパフォーマンスを高める。睡眠アプリ「Somnus」に新機能が追加

最適な仮眠でパフォーマンスを高める。睡眠アプリ「Somnus」に新機能が追加  1番目の画像

睡眠アプリ「Somnus」は、新機能「睡眠予報機能」をリリースした(Android版は4月中旬リリース)。 

睡眠記録から最適な睡眠時間をお知らせ

「Somnus」は睡眠を管理・改善することができるアプリ。寝る前にアラームをセットし、枕元に置くだけでスマートフォン内蔵のセンサーからユーザーの睡眠の質を計測する。   

新機能の「睡眠予報」では、ユーザーの日々の睡眠記録をもとに、1日のパフォーマンスを高めるアドバイスを提示する。 

最適な仮眠でパフォーマンスを高める。睡眠アプリ「Somnus」に新機能が追加  2番目の画像

世界中の科学論文や、睡眠専門家の監修のもとつくられたアルゴリズムから、1日で最も集中力が発揮される時間帯「パフォーマンスタイム」や時間帯ごとの眠気を予測した「眠気タイム」を算出。

さらに仮眠や就寝に最適な時間帯も知ることができ、睡眠の質の向上が期待できる。 

日本人の“睡眠負債”問題を解決へ

健康経営や働き方改革がトピックとなっている昨今。その中で「睡眠」は日々の労働生産性や健康指標に密接な関係がある一方、日本は世界の中でも“不眠大国”であるとも言われている。

パラマウントベッド株式会社の直近の調査によると、自分の人生やパフォーマンスに睡眠が重要だと8割以上の人が思いながら「睡眠の質を高める具体的な行動はしていない人が7割以上」という結果が公表されている。

同アプリを開発した「Somnus合同会社」は、こうした状況を改善するための情報を提示することで、日本人の“睡眠負債”問題を解決していきたいとしている。

Somnus
https://somnus.jp/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する