1. マリンダイビングフェア 2019で今夏新発売予定のSUBLUE社製水中スクーター「SEABOW」「Swii」が登場

マリンダイビングフェア 2019で今夏新発売予定のSUBLUE社製水中スクーター「SEABOW」「Swii」が登場

マリンダイビングフェア 2019で今夏新発売予定のSUBLUE社製水中スクーター「SEABOW」「Swii」が登場 1番目の画像

株式会社セキド(東京都国立市、代表:大下貴之)は、2019年4月5日(金)〜7日(日)の3日間、サンシャインシティ コンベンションセンターにて開催される 「マリンダイビングフェア 2019」に出展する。

最新のマリンアクティビティを体験

マリンダイビングフェア 2019で今夏新発売予定のSUBLUE社製水中スクーター「SEABOW」「Swii」が登場 2番目の画像
マリンダイビングフェア 2019で今夏新発売予定のSUBLUE社製水中スクーター「SEABOW」「Swii」が登場 3番目の画像

今回のフェアの目玉はSUBLUE社が昨年発売した、世界最小クラスの重量3.5kgながらトップスイマーと同様の速度で泳ぐことができる水中スクーターの実機体験だ。

今回はより速く、使いやすく改良された「SEABOW(シーボウ)」と小型ボディボードでスクリュー搭載により自走する電動ビート板「Swii(スウィー)」の実機も展示される。

話題のドローンや映像機器の体験も

マリンダイビングフェア 2019で今夏新発売予定のSUBLUE社製水中スクーター「SEABOW」「Swii」が登場 4番目の画像

アクティビティにはそれを記録する映像機器も欠かせない。

水深100m以上にも潜水可能で、高性能カメラを搭載することでリアルタイムに水中の様子をモニターしたり録画できる水中ドローンBlueRobotics社製「BLUEROV(ブルーアールオーブイ)」やCCROV社製「CCROV(シーシーアールオーブイ)」の2台を展示し実際に水中で撮影した映像を見ることができる。

空撮ツールとして新たな地平を開いたDJI社の最新ドローン「Mavic 2 Pro」「Mavic Air」も展示され、撮影や点検などの相談にも乗ってもらえる。その他にも360度カメラ、小型カメラスタビライザーの展示など盛りだくさんだ。 

最新の撮影機器やマリンアクティビティを体感するならこの週末はぜひともマリンダイビングフェアへ行ってみよう。驚きの体験が待っているに違いない。

開催日時:
2019年4月5日(金)~7日(日)3日間  10:00~17:00
※5日(金)のみ18:00まで開催 

会場:
池袋 サンシャインシティ コンベンションセンター 文化会館 3F(Cホール)・2F(Dホール)

「水中デジカメゾーン D-02」
https://marinedivingfair.com/access.html 

入場料:
入場無料 

マリンダイビングフェア 2019 公式サイト
https://marinedivingfair.com/ 

セキドオンラインショップ
https://sekido-rc.com/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する