1. 「クリエイティブ思考で未来の都市を考える(仮)」公開企画会議が渋谷で開催

「クリエイティブ思考で未来の都市を考える(仮)」公開企画会議が渋谷で開催

「クリエイティブ思考で未来の都市を考える(仮)」公開企画会議が渋谷で開催 1番目の画像

実験的な都市づくりについて議論・提案していく公開企画会議「クリエイティブ思考で未来の都市を考える(仮)」が、3月25日に渋谷キャストで開催される。

聴衆も参加できる公開企画会議

2018年4月、渋谷キャストの開業1周年を記念したトークディスカッションがきっかけでスタートした同企画。

「都市開発にはビジョンを共有しながらすすめることが大切」という考えのもと、ビジョン決定までのプロセスはどうあるべきかを議論し、認識共有を深めていく。

今回のイベントでは、今後このプロジェクトをどのように進めていくかについて企画会議を行う。公開形式で行い、聴衆が参加できる時間も設けられる予定だ。 

登壇するのは、「日本の都市開発は、もっとディベロッパー間で議論した方がいいのではないか」という投げかけに共感した5名。

「クリエイティブ思考で未来の都市を考える(仮)」公開企画会議が渋谷で開催 2番目の画像

デジタルなクリエイション表現の第一人者であるライゾマティクス代表・齋藤精一氏をはじめ、コンピューテーショナルデザインによる建築デザインの先駆者・noiz共同主宰の豊田啓介氏、日経 xTECH・日経アーキテクチュアで「東京大改造マップ」の企画・編集を担当する山本編集委員、渋谷のまちづくりに長年関わってきた東急電鉄の渋谷キャスト総支配人・水口貴尋氏、クリエイティブ・コミュニティによるまちづくりを提唱するco-lab企画運営代表の田中陽明氏という顔ぶれ。

彼らがどのような課題や可能性を感じながら、東京や渋谷の都市を見つめてきたかを語り合う。

今後の本プロジェクトへ繋がる議論に

同イベントを主催するのは、シェアオフィス「co-lab」の企画運営をする春蒔プロジェクト株式会社。同社によるとイベントでの議論は、2019年4月末に予定されている、本プロジェクトの始動第一弾企画につながっていくという。

本プロジェクトでは、公開企画会議のメンバーに加えて、都市開発のステークホルダーである大手ディベロッパー各社や行政担当者が参加する実験的なトークディスカッションが企画されている。

まちづくりや都市計画における「文化」や「アート」という要素の重要性、「理想の都市と文化の在り方」について議論していく方針だ。 

開催概要および申し込みは下記より
https://city-vision190325.peatix.com

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する