1. 「好き」を形にした先輩から学ぶ!対話から新たな一歩が見つかる!Kochi Startup BASEが「ピアメンタリング会」を開催

「好き」を形にした先輩から学ぶ!対話から新たな一歩が見つかる!Kochi Startup BASEが「ピアメンタリング会」を開催

「好き」を形にした先輩から学ぶ!対話から新たな一歩が見つかる!Kochi Startup BASEが「ピアメンタリング会」を開催  1番目の画像

エイチタス株式会社が運営するKochi Startup BASEが、事業創造の先輩である“KSBアンバサダー”と語り合うことで新たな気づきやつながりを提供する取り組み「KSB Ambassadors' MTG & ピアメンタリング会」を開催する。

高知県初、民設民営施設「Kochi Startup BASE」

Kochi Startup BASEは、高知 蔦屋書店内に開設された、高知県初の共創型スタートアップ、キャリア支援を目的とした民設民営の施設である。 

新規事業創造セミナーや起業家育成プログラムのほか、ワークショップ、セミナーの開催、コワーキングスペースやイベントスペースの提供を行っている。

また、「こうち女性起業家応援プロジェクト」や「こうちマイプロジェクト道場」など、様々なプロジェクトも展開している。

県内外で挑戦を続ける“先輩”たちが参加

Kochi Startup BASEは、スタッフのほかにアンバサダーと呼ばれる協力者によって支えられている。

アンバサダーは、実際に自分の「好き」を形にした事業を生み出し、高知県内外で挑戦を続けている起業家たちだ。

ピアメンタリング会では、そんなアンバサダーと交流を持つことで、新たなアイデアやつながりが生まれるきっかけを提供する。 

参加予定アンバサダーは下記の通り。

浅野聡子(株式会社StoryCrew代表取締役)
高知県地産外商公社に入社し、高知県食材の県外商流構築に携わる中でローカルの食の素晴らしさに感銘を受けて、株式会社StoryCrew設立。 

瀬戸口 信弥(合同会社高知カンパーニュブルワリー代表)
株式会社石見麦酒にてインターンシップを受講。株式会社石見麦酒インターンシップ修了後、合同会社高知カンパーニュブルワリーを設立。

嶋崎裕也(株式会社アースエイド代表取締役社長)
2013年株式会社アースエイドを創業。「価値を創造してこそ、企業の経営」高知県須崎市の祖母が食べさせてくれた葉ニンニクのぬたに衝撃を感じ、県外では知られていないこの味を全国、海外へ売ろうと起業。  

橋本貴紘(Workth代表  理学療法士)
高知県内を拠点とし、理学療法士が企業に直接訪問し、働く人たちの体調不良を解決する「Workth」という事業を展開している。 

「KSB Ambassadors' MTG & ピアメンタリング会#2」は、2019年2月28日(木)に「Kochi Startup BASE(高知県高知市南御座)」で開催。参加料は税込500円。

参加申込は、webページで受け付けている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する