1. 20~50代のビジネスパーソン7割以上が独立に興味あり。「独立・起業に関する意識調査」結果発表

20~50代のビジネスパーソン7割以上が独立に興味あり。「独立・起業に関する意識調査」結果発表

20~50代のビジネスパーソン7割以上が独立に興味あり。「独立・起業に関する意識調査」結果発表 1番目の画像

事業承継型M&Aで社会問題の解決を目指す、株式会社経営承継支援が、20~59歳の独立・起業に関心があるビジネスパーソン男女400名を対象に、「独立・起業に関する意識調査」を実施した。(出典「(株)経営承継支援 調べ」、以下同様)

調査の結果によると「独立・起業に関する意識調査」で7割以上が「個人が会社を買って(M&Aで)独立」に“興味あり”と回答する結果となった。

どうして独立・起業に関心が?

独立・起業に関心を持っている理由のTOP3は、第1位「定年退職後の収入に不安がある(39.0%)」、第2位「副業やパラレルワークに興味がある(35.0%)」、第3位「自分の裁量で仕事がしたい(31.8%)」となった。

20~50代のビジネスパーソン7割以上が独立に興味あり。「独立・起業に関する意識調査」結果発表 2番目の画像

人生100年時代における「老後の収入」問題や、副業・パラレルワークなど「働き方の多様化」といった、今の時代を反映する結果となっている。

現在の仕事に満足な人・不満な人で差が

独立・起業に関心を持つ理由は、現在の仕事への満足度によって差が出る結果となった。「経営者として事業に参画したい」を理由に挙げた人は、仕事に非常に満足している人では35.3%だが、仕事に全く満足していない人では、わずか12.5%。

仕事に全く満足していない人は、「自分の裁量で仕事がしたい(41.7%)」「会社員での収入よりも多く稼ぎたい(36.1%)」、「雇用にとらわれたくない(37.5%)」と答えた割合が多かった。

20~50代のビジネスパーソン7割以上が独立に興味あり。「独立・起業に関する意識調査」結果発表 3番目の画像

個人が会社をM&Aへの興味は?

個人が既存の会社を買って(M&Aで)独立・経営者になる方法について、「非常に興味がある(21.3%)」、「やや興味がある(50.3%)」と、7割以上が興味ありと回答。

20~50代のビジネスパーソン7割以上が独立に興味あり。「独立・起業に関する意識調査」結果発表 4番目の画像

一方、「個人が会社をM&A」への興味度は高いものの実施プロセスや実務を知っている人はわずか2割程度にとどまった。


独立・起業への資金は?

独立・起業に興味があるにもかかわらず、全世代を通して、約半数は独立・起業資金を貯めていないことも浮き彫りとなった。

20~50代のビジネスパーソン7割以上が独立に興味あり。「独立・起業に関する意識調査」結果発表 5番目の画像

貯めている人の平均資金額は、全体が1,259万円に対し、40代が最も低く918万円。中央値では、30代・40代が他の世代と比べて低い結果となった。

調査結果についての専門家コメント

この調査結果を受けて、株式会社経営承継支援  代表取締役社長は、「安易な個人M&Aは失敗する。事前のリスク検証とM&A後の経営・事業推進の検討が必要」と見解を述べている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する