1. 建築家 隈研吾氏が手掛けたバルセロナのCAMPERショップ“Together Store”がオープン

建築家 隈研吾氏が手掛けたバルセロナのCAMPERショップ“Together Store”がオープン

建築家 隈研吾氏が手掛けたバルセロナのCAMPERショップ“Together Store”がオープン 1番目の画像

新国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾氏と「CAMPER(カンペール)」が再びタッグを組み、スペイン・バルセロナのショップをカンペールのコラボレーション・プロジェクトの一つである“Together Store”へリニューアルオープンした。

アーティスト×カンペール

”Together Store”は、世界的に活躍するアーティストやデザイナーとカンペールがコラボレーションし、ユニークな店舗を作り出すプロジェクト。

日本では、nendoによる新宿フラッグス店や、長坂常 / スキーマ建築計画による新丸の内ビル店、Jaime Hayon(ハイメ・アヨン)による表参道店等14店舗が存在する。

隈氏とのコラボレーションは2度目

隈氏は、4年前にイタリア、ミラノにあるカンペールのモンテ ナポレオーネ店を手掛けており、今回が2回目のコラボ。

建築家 隈研吾氏が手掛けたバルセロナのCAMPERショップ“Together Store”がオープン 2番目の画像

バルセロナ、カタルーニャ広場に面する”Together Store”について隈研吾建築都市設計事務所は、

ヴォールト状の陶板を型枠にして、床スラブを打設するカタラン・ヴォールトは、カタルーニャが生んだ画期的な建築工法であり、木製の梁で床を支えてきたそれ以前の構法に革命をもたらした。

ガウディもカタラン・ヴォールドから多くのヒントを得たといわれている。

このカタラン・ヴォールドのユニットで、靴を飾る棚、ベンチ、カウンターをすべてデザインし、カタルーニャならではの、暖かくヒューマンなショップが生まれた。

出典:隈研吾建築都市設計事務所

とコメントを寄せている。

CAMPER
https://www.camper-japan.jp/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード