1. フィックスターズ、自動運転・自動停止機能の重要部分をソフトウェア開発サービスで提供、自動運転システムのCES2019最優秀賞受賞を後押し

フィックスターズ、自動運転・自動停止機能の重要部分をソフトウェア開発サービスで提供、自動運転システムのCES2019最優秀賞受賞を後押し

フィックスターズ、自動運転・自動停止機能の重要部分をソフトウェア開発サービスで提供、自動運転システムのCES2019最優秀賞受賞を後押し 1番目の画像

マルチコアCPU/GPU/FPGAを用いた高速化技術のグローバルリーダーである株式会社フィックスターズ(以下、フィックスターズ)の子会社である株式会社 Fixstars Autonomous Technologies (以下、フィックスターズAT)  は、WHILL株式会社のWHILL自動運転システムの自動運転部の重要機能をソフトウェア開発サービスで提供したことを発表した。

WHILL自動運転システム

WHILL自動運転システムは、米国ネバダ州ラスベガスにて開催のコンシューマ・エレクトロニクス分野での世界最大級の見本市「CES 2019」の「Accessibility」部門で最優秀賞を受賞した。

WHILL自動運転システムは、WHILLが独自に開発した自動運転・自動停止機能などを備えたWHILL自動運転モデルおよび、複数の機体を管理・運用するシステムから成るものである。

長距離の歩行を困難と感じる高齢者・障がい者の移動シーンをスマートにする、これまでのMaaSになかった、歩行領域における自動運転システムでもある。

WHILL自動運転システムにて活用されたソフトウェア開発サービス

今回受賞した自動運転システムにおいて、運転者や周囲の歩行者の安全を確保する自動運転・自動停止機能は重要な要素であり、その早期実現の為にフィックスターズATの優れたエンジニアが提供するソフトウェア開発サービスが活用された。

フィックスターズ、自動運転・自動停止機能の重要部分をソフトウェア開発サービスで提供、自動運転システムのCES2019最優秀賞受賞を後押し 2番目の画像

WHILL最高技術責任者(CTO)コメント

WHILLの最高技術責任者(CTO)である福岡氏は「フィックスターズは、WHILLの開発メンバーと同じ視線と熱意でシステム仕様を理解し、より良いシステムが早期に実現できるよう積極的な提案を行った。また高いレベルのソフトウェア開発サービスの提供によりプロジェクトが予定通りに進行された。」と述べている。

フィックスターズおよびフィックスターズATは  今後もMaaSに代表される自動運転の世界の実現を支援するとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード