1. 最新AIを実装した、最先端のスマートストアがオープン

最新AIを実装した、最先端のスマートストアがオープン

最新AIを実装した、最先端のスマートストアがオープン 1番目の画像

 近い将来予想されている労働人口の減少への対策として、急ピッチで技術革新が進む流通業界。

 ここに、ITの力で日本の流通業への変革を目指す3社の共同による最新型AI搭載の新業態店舗「Quick」が登場した。

 12月13日(木)には福岡に第一号店「トライアル Quick大野城店」がオープンしている。

先進テクノロジーが実現する3つのサービス

  「Quick」で実現するサービスは、以下の3つ。

1.AIで商品を自動発注

既存の冷凍冷蔵ショーケースに対しリテールAIソリューションを実装した“AI冷蔵ショーケース”で、商品の在庫状態や人の動き・属性の分析が可能。

2.夜間無人化

22時~5時の間、日本初夜間無人店舗として営業。

3.キャッシュカードでチャージOK

キャッシュカードでのチャージが可能なプリペイドカードチャージ機を設置。ATMで現金を下ろすことなく、キャッシュレスでプリペイドカードへのチャージが可能。 

最新AIを実装した、最先端のスマートストアがオープン 2番目の画像

 これらはすべて日本初だという。

 ほかにも、需要と供給のバランスによって価格設定を行う「電子プライスカード」や、商品読み取りから決済が可能になるスマートフォンアプリなど、従来にない新感覚の購入体験が用意されている。

「より新しい購入体験を」パナソニックなど3社が連携

 このプロジェクトは「テクノロジーを活用し、お客様の購買体験をより向上させたい」という3社連携により実現した。

 その3社とは、IT企業としてのノウハウを流通業に生かし、スーパーマーケットの店舗展開を行う「株式会社トライアル」(福岡県福岡市)、家電メーカーとしての強みを生かし、ビジネスや産学連携パートナーとともに新たな価値創造に取り組む「パナソニック株式会社」(大阪府門真市)、そして国内のキャッシュレス社会化に向け、国内経済の基盤インフラとしてのサービス開発に注力する「日本電子決済推進機構」(東京都千代田区)という面々である。

福岡を皮切りに、続々と全国に店舗が増えることを願いたい。

トライアル  Quick 大野城店
https://www.trial-net.co.jp/shops/view/430

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する