1. クラウド会計ソフト「freee」が副業中の会社員に向け確定申告機能をリリース!申告書類が5分で完成

クラウド会計ソフト「freee」が副業中の会社員に向け確定申告機能をリリース!申告書類が5分で完成

副業元年の確定申告は疑問だらけ…freeeが副業中の会社員に向け確定申告機能をリリース!申告書類が5分で完成 1番目の画像

 freee株式会社は、「クラウド会計ソフト freee」(以下freee)において、副業や株、FXなどから副収入を得る会社員向けの確定申告機能の提供を開始した。

副業元年の確定申告は疑問だらけ

 副業を承認する会社の増加に伴い、2018年は「副業元年」と言われ、会社員で副業をしている人の数は2018年4月時点で既に前年比10万人増の744万人に上り過去最高を記録。

 一方で、副業をはじめたものの、「税金について準備をしていない」「会社は副業を承認しているが、税金についてのフォローは十分でない」「申告の仕方がわからない」という会社員の声が多く寄せられていた。

最短5分で確定申告資料が完成

副業中の会社員向け確定申告機能の特長は次のとおりだ。

確定申告機能の特長

  • ステップに沿って質問に回答するだけで、最短5分で確定申告資料が完成
  • PCだけでなくスマホでの入力にも対応
  • 電子申告対応
  • 源泉徴収票を転記するだけで、各種控除の入力の短縮にも対応
  • 株やFXの副収入および損失申告にも対応
副業元年の確定申告は疑問だらけ…freeeが副業中の会社員に向け確定申告機能をリリース!申告書類が5分で完成 2番目の画像

よりフレキシブルで創造的な働き方が実現できる社会へ

 「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げるfreee。

 これまで、税額診断サービスや、個人事業の開業サービスの提供など、副業や開業等の働き方とそれに付随する業務効率化のサポートを行ってきた。

 本機能のリリースを通して、「副業元年」におけるはじめての確定申告をスムーズかつスピーディにサポートし、よりフレキシブルで創造的な働き方が実現できる社会の創造を目指している。

 また、今後の展開として、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションの提供も計画されている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する