1. 僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 1番目の画像

 株式会社サイバーエージェントに所属し、製作兼出演者としてインターネットテレビ『AbemaTV』を牽引する小柳津林太郎さん。2018年にインターネット配信された恋愛リアリティ・ショー『バチェラー・ジャパン』の2代目バチェラーとして、彼のことを知る人も多いのではないだろうか。

 ビジネスマンやタレント、バチェラーなどさまざまな顔を持つ、「ハイブリッドサラリーマン」である小柳津さん。多忙を極める中、どのように暮らし、どんなこだわりを持っているのだろうか。彼の仕事感やライフスタイルを聞いた。

良いものは取り入れる。そこに自分らしさがプラスされ「こだわり」になる。

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 2番目の画像

 2006年にサイバーエージェントに入社し、26歳で子会社の代表に就任。若手ながら他を圧倒する存在感で、同社の成長に貢献してきた小柳津さん。「非の打ち所がない、華やかな世界で過ごしてきた男」と思われがちな彼だが、男性としての身だしなみを意識するようになったのは、意外なことに社会人になってからだった。

「実は、ファッションにあまり興味がない学生でした。だから新入社員の頃は身だしなみの正解が全くわからずに苦労したんです。仕事相手にナメられないように、イケてる先輩を真似して……。とにかく頑張っていましたね(笑)」

 まずは周囲から「身だしなみの基礎」を学び、そこにアイテムを加えるなどのこだわりを付け足すことで、「自分らしい身だしなみ」を見つけていった小柳津さん。こだわりは、スーツの胸ポケットに挿す万年筆に至るまで徹底されていたという。

 30代後半になり、小柳津さんは「自分史上の最高を、毎年更新し続ける」という目標を掲げる。そのモチベーションの源泉はなんだろうか。

「自分の見たことがない新しい一面が出てくる瞬間にワクワクするんです。今でも、『これをやってやろう』とか『これが実現できたら面白いぞ』と、新しいモノが生まれる瞬間を妄想して、そこに向かって仕事しています。これからも未体験の世界に挑戦し続けたいですね」

 まだ知らない「自分」に出会い、ワクワクしたい。次々と繰り出される新しい挑戦の背景には、こうした小柳津さん自身の願いがあるのだろう。

こだわるからこそ、時短につながる

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 3番目の画像

 多くのビジネスマンが苦心する朝の時間の使い方。メールやSNSのチェックなど、朝にこなしたいタスクは山程あり、慌ただしく身支度をする人も多いだろう。そんな忙しいビジネスマンならではの「時短術」を、小柳津さんに聞いた。

「今は、髪にパーマをあてています。見た目も華やかになるので身だしなみを整えるのにもうってつけだし、何よりも朝のヘアセットにかかる時間が短縮できるんですよ。少し手を加えるだけで様になるので、本当に時間が無いときは通勤中に触りながら整えることもできます。身だしなみをしっかりさせるためにやったら役に立った、自分なりの時短術ですね」

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 4番目の画像

 ヘアセットと並んで朝の身支度に欠かせないのが、ヒゲの手入れだ。小柳津さんのトレードマークとも言えるヒゲは、毎朝あるこだわりを持って整えられている。

「ヒゲは、口とあごの間を毎朝きちんと剃っています。残している部分は定期的にカットして、5ミリくらいの長さをキープするのがこだわりです。見た目の印象は仕事の評価にも繋がってしまうし一緒に働く人の気持ちにも影響を与えてしまうので、きちんと気を配りたいですね」

肌に優しい深剃り。世界売上No.1往復式シェーバー

*ブラウンは世界売上No.1往復式シェーバー 期間:2016年8月~2017年8月/市場データに基づくP&G調べ
僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 5番目の画像

 そんな小柳津さんに、ブラウン「シリーズ3」を渡し、実際に自慢のヒゲをシェービングしてもらった。

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 6番目の画像

「伸びたヒゲも、ほとんど抵抗なく剃れるので驚きました。あご裏のヒゲはいつも苦労して剃っているのですが、これは少ないストロークでするする剃れる……。剃っていて気持ちがいいです」

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 7番目の画像

 シリーズ3には、「3カットシステム」と「マイクロコーム」が搭載されている。それぞれが独立して可動する「3カットシステム」が不規則かつ立体的なフェイスラインに密着。滑るように動くことで、肌に優しいシェービングが達成できる。ヘッド中央の刃を取り囲んでいる「マイクロコーム」は、より多くのヒゲを捉えながら肌にかかる圧力を抑える、ブラウン独自の技術だ。

 さらに、ヒゲを剃り落とすための網刃にはおよそ900種類もの網目を持つ「ディープキャッチ網刃」を使用。さまざまな向きに生えているヒゲを根元からとらえ、より少ないストローク数でしっかりヒゲを剃りきることができる。少ないストロークは、すなわち肌への優しさにつながる。

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 8番目の画像

「剃り終わった後も、全然ヒリヒリしません。いくらスキンケアをしっかりやっていても、シェービングで肌を痛めてしまったら台無しじゃないですか。毎朝ヒゲを剃る人にとっては、肌への負担が少ないことが大事。毎朝この剃り心地で時間をかけずに剃れるなら、毎日使いたくなります。耐水設計という点は、シャワーを浴びながらヒゲを剃る人には嬉しいですね」


身だしなみは自己投資。こだわれば、いつか自分に戻ってくる

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 9番目の画像

 もうワンランク上のビジネスマンを目指し、身だしなみを通して自らをより高めたいと思っている若いビジネスマンも多いだろう。そんな彼らに、小柳津さんはこんな言葉をかけてくれた。

「身だしなみは自己投資の1つ。良い映画や音楽に触れたり、服を選んだりするのと一緒です。身だしなみを整える習慣が付けば、生活の中で出会う人も一緒に時間を過ごす人も変わってくる。目には見えない投資でも、間違いなくいつか何かしらの価値として身に返ってきます」

 自分自身をより高めていきたいと思っているビジネスマンは、自らの身だしなみを今一度見直してみるのはいかがだろうか。それによって、仕事とプライベートの間で良い循環が生まれるようになるはずだ。

 身だしなみの中でも、特に首から上は印象を大きく左右する。まずは、ヒゲの手入れからスタートしてみてはいかがだろうか。手に取りやすい価格帯で機能性の高いシリーズ3は、ビジネスマンのヒゲのメンテナンスにおすすめしたいアイテムだ。

僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 10番目の画像
僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 11番目の画像
僕が『ブラウン』のシェーバーを選ぶ理由。ハイブリッドサラリーマン小柳津林太郎 12番目の画像


取材・執筆:伊藤駿(ノオト)  編集:水上歩美(ノオト)

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する