1. 履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント

履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント

履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント 1番目の画像

 転職活動や就職活動に必要な「履歴書」。市販の履歴書を購入する人もいればPCからダウンロードする人もいるだろう。

 今回はダウンロードすべき履歴書の形式と、履歴書作成前に抑えるべきポイントを解説する。

 もちろん履歴書フォーマットも用意してあるので、必要な人はそちらにてダウンロードしてもらいたい。

【履歴書をダウンロード】履歴書フォーマットの選び方

履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント 2番目の画像

 履歴書をダウンロードする際、頭を悩ませるのが履歴書のフォーマットだ。

 まずは、自分に合った履歴書フォーマットの選ぶポイントを説明していこう。

【履歴書のダウンロード・選び方①】使用する目的によって選ぶ

 アルバイト・転職用・就職活動用は必要な情報の優先度が異なる。きちんと用途に合わせて、履歴書の形式を選んでほしい。

■就職活動用(社員用)

 一般的には、JIS規格の履歴書を使用する場合が多い。

 JIS規格は厚生労働省が推奨している標準のタイプの履歴書だ。学歴や職歴の欄が多く、自己PRも短い文章で端的に記入することができる

 しかし、職歴があまりない場合は、JIS規格ではなく自己PRの欄が大きいタイプの履歴書がおすすめ。新卒の就職活動などでは自己PR欄が大きい履歴書が適当だ。

■アルバイト用

 アルバイトの場合、採用側の条件に合わせて希望日や自分の勤務できる時間帯を示す必要がある。

 また、交通費免除のアルバイトの場合は、交通手段や交通費を記入できるタイプを選ぼう。

■転職活動用

 転職の場合は、転職用に職務経歴書がセットになっているタイプが使いやすい。

 職歴の欄が大きく取られており、履歴書によっては退職理由が記載できるようになっている。

 普通のタイプで職歴が書ききれない場合は、転職用の履歴書をダウンロードしよう。

【履歴書のダウンロード・選び方②】サイズで選ぶ

 履歴書のサイズは、基本的に採用側から指定されるサイズに従う。指定がない場合は二つ折りにしたときのサイズ表記で、「A4」か「B5」サイズが多いだろう。

 A4サイズは、「A3判」「A判」と呼ばれ、B5サイズは「B4判」「B判」と呼ばれる。二つ折りを広げると、それぞれA3・B4になるので注意である。

 サイズの選択は、自分の書きやすいものにするのがベストだ。

 手書きの場合は、見やすいほうが印象がいいので、自分の字の大きさや分量を考えて選ぼう。

【履歴書のダウンロード・選び方③】項目で選ぶ

履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント 3番目の画像

 履歴書の選びで最優先すべきなのが、履歴書に記載されている項目である。

 自分のアピールしたい項目と記載が少なくなりそうな項目をきちんと考えた上で、履歴書のフォーマットを選ぼう。

■経歴重視の場合

  転職や異動の回数が多くて経歴に自信がある人は、JIS規格に準じた学歴・職歴欄が多めにとられている履歴書をダウンロードしよう。

■自己PR重視の場合

 経歴は少ないが、自分の性格や勤務態度など自己PRに情報を割きたという人は、自己PR欄が大きめにとってあり、職歴の欄が小さめの履歴書をダウンロードしよう。

 フォーマットによっては、自分の長所・短所を書ける履歴書もあるので、自分に合ったフォーマットをダウンロードしてもいいし、ダウンロードした後PCで修正してもいいだろう。

■志望動機をアピールしたい場合

 他分野に挑戦したい場合などは、経歴や自己PRだけだと弱い場合がある。その場合は、志望動機を明確にする必要がある。

 志望動機と採用側の条件が一致すれば、経歴関係なく志望動機を重視して採用してくれる場合がある。


【履歴書をダウンロード】形式の選び方ポイント3つ

  • 使用する目的によって選ぶ
  • 分量に合ったサイズで選ぶ
  • 重視したい項目で選ぶ

履歴書をダウンロード後、作成する前の注意点

履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント 4番目の画像

 履歴書をダウンロードした後、自分で作成する場合は市販のものと勝手が違うため最低限のマナーを持って作成する必要がある。

【履歴書ダウンロード後の作成①】コピー用紙は上質なものを使用

 市販の履歴書は、普通のコピー用紙よりも分厚く上質な用紙が使用されている。

 ここでいう普通のコピー用紙とは、コンビニのコピー機で使われているコピー用紙をイメージするとわかりやすい。

 用紙が薄くシワがつきやすいものだとイメージが悪いため、用紙は分厚い上質なものに変えて印刷しよう。

【履歴書ダウンロード後の作成②】迷ったら手書き

 履歴書は、手書きが基本である。

 IT企業などPCスキルが重視される会社に提出する場合や指定された場合は、PCで作成しても構わない。

 どちらで書けばいいか悩んだときには、手書きで記入しよう。

【履歴書ダウンロード後の作成③】ペンは黒ボールペン

 履歴書作成の際に使用するペンは、黒ボールペンが好ましい。

 履歴書は正式な書類になるため、消せるボールペンや一般的な黒ペン以外のものは避けるべきだ。

 また、黒ボールペンの中でも水に強く、にじみにくいゲルインクのものを使用するといい。

 太さは、見やすい0.7mmの黒ボールペンがおすすめである。

【履歴書ダウンロード後の作成④】間違えても修正ペンの使用はNG!

 履歴書の作成では、ほんのわずかな間違いも修正ペンの使用はNGである。

 先ほども述べたように、会社に提出する正式な書類であることを忘れてはならない。

 提出直前に修正が必要で書き直しする時間がない場合は、訂正箇所に二重線を引き、その上に自分の印鑑を使用して訂正印を押そう。

【履歴書ダウンロード後の作成⑤】全てに記入し、空欄を残さないようにする

履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント 5番目の画像

 履歴書は、原則全ての欄に記入することを心がけ、あまり空欄を残さないほうがいい。

 採用側も履歴書1枚でできるだけの情報を読み取ろうとしているため、記入欄いっぱいに埋めるようにしよう。

 空欄や余白が目立つと、採用側に採用してもらいたいという熱意が伝わりにくくなる。

【履歴書ダウンロード後の作成⑥】丁寧な字でわかりやすく

 履歴書作成において基本中の基本だが、手書きの場合文字は丁寧にわかりやすく書こう。

 乱雑な文字で書かれていると読み手側も読む気が失せてしまい、印象が悪い。

【履歴書ダウンロード後の作成⑦】記載する日付は、送る日に合わせる

 まとめて履歴書の作成を行った場合、注意したいのが記載する日付だ。

 履歴書を郵送する場合は送る日付に合わせ、直接面談などで手渡す場合は面談日に合わせて記載しよう。

 日付は、情報の更新日を指す役割も担っているため、あまりに古い日付にしてしまうと情報も古いように捉えられてしまうので注意が必要だ。

【履歴書ダウンロード後】履歴書作成時の注意点

  • コピー用紙は上質なものを使用
  • ペンは黒ボールペンを使用
  • 間違えても修正ペンの使用はNG
  • 全てに記入し、空欄を残さないようにする
  • 丁寧な字でわかりやすく記述する
  • 記載する日付は履歴書を送る日・提出する日に合わせる

履歴書をダウンロード後、PCで作成する場合

履歴書をダウンロード!自分に合う履歴書の選び方&作成前に注意すべきポイント 6番目の画像

履歴書ダウンロード後PCで作成する場合のフォントは?

 PCで作成する場合は、フォントの種類や太さに注意しよう。

 文字サイズは10.5~11ptが好ましい。氏名のみ、大きめにとった14~18ptにしよう。

 フォントは基本的に明朝体で統一し、黒以外のフォントカラーの使用は控えるべきだ。

履歴書ダウンロード後PCで作成する場合のフォント

  • 文字サイズは10.5~11pt(氏名のみ14~18pt)
  • フォントは明朝体で統一
  • 黒以外のフォントカラー(文字色)は使用しない


 履歴書は、自分のPRしたい部分に沿ったフォーマットをダウンロードすることが重要である。

 採用側にわかりやすく伝えるための正式な書類となるので、作成する時も手を抜かず取り組もう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する