1. 一喜一憂してしまう人は向いていない?ホリエモンが教える「仮想通貨を運用する人に必要な心構え」

一喜一憂してしまう人は向いていない?ホリエモンが教える「仮想通貨を運用する人に必要な心構え」

一喜一憂してしまう人は向いていない?ホリエモンが教える「仮想通貨を運用する人に必要な心構え」 1番目の画像

 ホリエモンこと堀江貴文が自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。

『堀江貴文のQ&A「仮想通貨は流動性!?」〜vol.981〜』では、仮想通貨を利用したコスプレイヤープラットフォーム、AMPLE代表取締役の霜田元毅氏とアドバイザーのよっちゃんこと小田吉男氏をゲストに招いて「仮想通貨に手を出す人に必要な心構え」について語った。

 今回の質問は「『AMPLEがICOを発表! コスプレイヤーを支援するプラットフォームへ』の記事を読みました。コスプレイヤーの新たな経済圏、独自の暗号通貨の発行など面白いなーと思いました。

 堀江さんもAMPLEに関わっているとは思いますが、ICOでグローバル調達をする際、本事業、サービスをどのように多くの投資家やレイヤーへの支援者に認知、知ってもらうのかがポイントだと思ってます。 ICOプロモーションにおいて何か工夫や特別な施策などあれば教えてください」という質問。

一喜一憂してしまう人は仮想通貨に向いていない

一喜一憂してしまう人は向いていない?ホリエモンが教える「仮想通貨を運用する人に必要な心構え」 2番目の画像

 ホリエモンは「インフルエンサーとの協業ですかね」と回答。

 最近、ビットコインやICOの質問を多く受けるらしい。中には、数年前に会ったキャバクラ嬢もいたそうだ。しかし、「仮想通貨は今絶好調ですか?」という趣旨の質問自体がずれている、とホリエモンは指摘した。

「人に聞いている時点で後手に回っているため、得することはない」というのが小田吉男氏の意見だ。上がり下がりに一喜一憂してしまう人は、仮想通貨に向いていないのかもしれない。

「結局、株と同じで流動性が高いと価値が上がる」とホリエモンは視聴者に伝えた。つまり、仮想通貨に一番大事なのは多くの人に使われることなのだ。

 ホリエモンとゲストの霜田元毅氏と小田吉男が「仮想通貨に手を出す人に必要な心構え」について語った『堀江貴文のQ&A「仮想通貨は流動性!?」〜vol.981〜』。動画の視聴はコチラからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する