1. 【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」 1番目の画像

 履歴書の封筒の書き方は案外知らない人も多い。近年ではインターネットでの応募も増え、履歴書を送るために封筒を作成する機会は減ってきている。

 会社によっては履歴書を送る場合もあるため、封筒の書き方はしっかり覚えておきたいものだ。

 本記事では、転職で役立つ履歴書の封筒の書き方を紹介していきたい。

まずは押さえたい履歴書を入れる封筒の書き方のマナー

 履歴書を送る封筒を作成する前に、まずは封筒の書き方のポイントを押さえよう。

【履歴書を送る封筒の書き方とマナー①】封筒に入れる書類

 会社から履歴書と一緒に送る書類が指定されている場合もあるが、何も指定がない場合は履歴書添え状を封筒に入れて送る。

 「添え状」とは挨拶文のようなもので、封筒にどんな書類が入っているかを示すものでもある。

 履歴書だけを送るよりも簡単な挨拶文も一緒に添えて送るほうが、受け取った人に好印象を与えられるだろう。 

【履歴書を送る封筒の書き方とマナー②】封筒のサイズと色

 履歴書などの応募書類が折り曲がることを避けるため、封筒はA4サイズ(角形2号 or 角形A4号)のものを使おう。

 三つ折りにして入れる細長いタイプの封筒もあるが、転職の際には使わないようにしよう。

 また、原則として白い封筒を使用することが好ましい。

【履歴書を送る封筒の書き方とマナー③】封筒は縦書きと横書きどっち?

 封筒の宛名は、縦書きと横書きどちらも有効だ。縦書きで書くケースが多いため、悩んだら縦書きにしよう。

 また、履歴書の封筒を書く際に用いるペンは、黒い油性サインペンが最も適している。

 というのも、水性では雨で滲んでしまう可能性があるため、油性で書くほうが安心なのだ。 

 封筒に宛名等を記入する際には、とにかく「見やすさ」を心がけよう。

【履歴書を送る封筒の書き方とマナー④】封筒の送り方

 履歴書などの応募書類はしっかりクリアファイルに入れてから、封筒にしまうことが大切だ。

 クリアファイルに入れることで、送っている最中に封筒が折れ曲がったり汚れたりすることを防ぐことができる。

 また、封筒はしっかりと糊付けして、履歴書が封筒をすり抜けてしまうことのないように注意しよう。

 細部まで気を抜かないことを心がけたい。

【履歴書を送る封筒の書き方とマナー⑤】手渡しの場合は記載不要

 面接時など、履歴書を手渡しする場合は封筒に入れるべきなのだろうか。

 手渡しのときでも履歴書はしっかり封筒に入れよう。

 ただし、送るわけではないので、封筒の上に宛名や宛先などを書く必要はない

 白い封筒のままで、相手に渡そう。

履歴書を入れる封筒の書き方とマナー

  • 封筒の中には最低でも「履歴書」と「添え状」を入れる
  • 封筒はA4サイズの白いものを使う
  • 封筒は基本縦書きで、黒い油性ペンを使用する
  • 履歴書などの応募書類をクリアファイルにしまい、封筒に入れたらしっかり糊付けする
  • 手渡しの場合は、封筒に何も書かない

履歴書の封筒に必要な情報の書き方

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」 2番目の画像

 履歴書の封筒に書く情報は、以下を参考にしてみてほしい。

履歴書の封筒に必要な項目と書き方

履歴書の封筒の内容と書き方

  • 封筒の表:「履歴書在中」/「応募書類在中」
  • 封筒の表:宛先・宛名
  • 封筒の裏:自分の住所・名前

実際に書いて覚えよう!履歴書の封筒の書き方

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」 3番目の画像

 封筒の書き方のマナーや内容を押さえられたら、実際に履歴書の封筒を作成していこう。

【履歴書の封筒の書き方①】宛先・宛名

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」 4番目の画像

 会社の住所を書く際は、都道府県から始め、「丁目」や「番地」も省略せずに正式な住所を書こう。

 番地の数字を、漢数字で表記することも心がけたい。ただし、郵便番号は横文字で上の中央に書く。

 また、会社や部署、係に宛てる場合の宛名には「御中」を使い、役職や担当者個人宛ての場合の宛名には「様」を使う。

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」 5番目の画像

 採用担当者が複数いる場合は、上司の名前から全員の名前を横に連名するか、「採用ご担当者様」でまとめるといった対応をしよう。

履歴書の封筒の書き方「宛先・宛名」

  • 都道府県から書き始める
  • 「丁目」や「番地」を省略しない
  • 会社や部署、係宛:「御中」
  • 役職や担当者個人宛て:「様」
  • 宛名が複数の場合は連名するか、「採用ご担当者様」でまとめる

【履歴書の封筒の書き方②】「履歴書在中」「応募書類在中」

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」 6番目の画像

 履歴書を送る際、封筒の表面の左下に、赤色で「履歴書在中」あるいは「応募書類在中」と書き、目立つように四角で囲まなければいけない

 「履歴書在中」あるいは「応募書類在中」と書くことで、会社側に求人応募者からの書類であることが一目瞭然だ。

 また、誤って他の書類と混ざってしまうことを避けることもできる。

 最近では、最初から「履歴書在中」や「応募書類在中」と書いてある履歴書の封筒も増えてきている。

 履歴書を送る際には、忘れずに「履歴書在中」あるいは「応募書類在中」と書かれているか確認してほしい。

【履歴書の封筒の書き方③】自分の住所・名前

【履歴書】履歴書を郵送する際の「封筒の書き方」 7番目の画像

 履歴書の封筒には、送り主である自分の住所と名前も書く。

 自分の住所と名前を書く場所は、封筒の裏面の左下だ。はがきや年賀状を書くときと同じであるため、書きやすいだろう。

【履歴書の封筒の書き方④】封をして「〆」を書く

 履歴書などの応募書類を封筒に入れたら、上記の図の通り封の中央に「〆」と書こう。

 「〆」は完全に封をされていることを指すマークであり、誰も開封していないことを示すために書く。

 必ず書かなければいけないという決まりはないが、ビジネスマナーとして覚えておきたい項目の一つだ。

履歴書の封筒の書き方

  • 表面の右側に宛先と宛名を書く
  • 「履歴書在中」あるいは「応募書類在中」と赤色で書き、四角で囲む
  • 封筒の裏面の左下に、自分の住所と名前を書く
  • 封の中央に「〆」を書く

■履歴書の郵送方法&応募書類の入れ方をチェック!


 本記事では、履歴書を送る際の封筒の書き方について紹介してきた。

 履歴書は、会社が自分を判断する大切な書類だ。封筒の書き方やマナーなど、案外知らないことは多いかもしれないが、ミスのないように注意したい。

 また、一字一句丁寧に書き、少しでも間違えたら再び一から書き、なるべく綺麗なものを送るよう心がけよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する