1. ホリエモンとAMPLE霜田元毅が言う「企業価値とコインの価値が連動しないメリット」とは?

ホリエモンとAMPLE霜田元毅が言う「企業価値とコインの価値が連動しないメリット」とは?

ホリエモンとAMPLE霜田元毅が言う「企業価値とコインの価値が連動しないメリット」とは? 1番目の画像

 ホリエモンこと堀江貴文が自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。

『堀江貴文のQ&A「仮想通貨の価値は残る!?」〜vol.980〜』では、仮想通貨を利用したコスプレイヤープラットフォーム、AMPLE代表取締役、霜田元毅氏とアドバイザーのよっちゃんこと小田吉男氏をゲストに招き「企業価値と仮想通過が連動しないメリット」について語った。

 今回取り上げたのは「ICOの投資価値について質問です。AMPLEなどのようにその「経済圏(WebサイトやWebサービス)で使えるコインをICOで買う」タイプの場合、コインの価値と企業価値は連動しない。よって、例えばその企業がピボットによって別サービスから伸びた一方でコインが使えるサイトの利用が拡がらなかった場合には、コインの価値は上がらない可能性が高いという理解なのですが、認識合致してますでしょうか?」という質問。

霜田氏「運営がダメになってもコインの価値は残る」

ホリエモンとAMPLE霜田元毅が言う「企業価値とコインの価値が連動しないメリット」とは? 2番目の画像

 ホリエモンは「そうでしょうね」と回答。

 今回のゲストは、まさに質問にあがっているAMPLE代表取締役、霜田元毅氏。彼は質問者の懸念を認めた。しかし、裏を返せば「運営がダメになったとしても、コインは残り、価値が上がることもある」と指摘する。

 霜田氏はBitZenyの事例を説明した。BitZenyとは、日本発のPoW(CPUパワーを使う)マイニングのコイン。開発者が3年失踪したにも関わらず、インフルエンサーによる購入などで、活性化しつつある。

 企業価値とコインの価値が連動しないということは、仮想通貨を用いた企業計画が倒れても、価値が継続するということ。開発者が不在のときに、盛り上がることだってあるのだ。

 ホリエモンとゲストの霜田元毅氏が「企業価値と仮想通過の価値が連動しないメリット」について語った『堀江貴文のQ&A「仮想通貨の価値は残る!?」〜vol.980〜』。動画の視聴はコチラからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する