1. 【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 1番目の画像

 性格上、人と一緒に仕事をするよりも一人で作業ができる仕事の方が合っているという人もいるだろう。

 今回は人と関わらない仕事をしたいという人に向けて、おすすめの職業を紹介していていく。

 そもそも人と関わらない仕事なんて本当にあるのか?という疑問を持っている人も、ぜひ本記事を読んで疑問を解消してほしい。

目次
+ + 「人と関わらない仕事」とは?
+ + 「人と関わらない」仕事を選ぶポイント
+ + 「人と関わらない」仕事おすすめ10選
+ + 人との関わりが少ない仕事へ転職!

「人と関わらない仕事」とは?

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 2番目の画像

人と関わらない仕事の特徴①:対面でのコミュニケーションが少なく、人間関係で悩むことが少ない

 人と関わらない仕事の特徴として挙げられるのが、「対面でのコミュニケーションが少ない」という点だ。

 コミュニケーションにもさまざまあり、コミュニケーションをとるのは好きだけど対面だと萎縮してしまう人や仕事の人間関係が面倒くさい人などがいるだろう。

 仕事をしていく中で全く人に関わらない仕事というのはぼぼ皆無だ。

 しかし、オンライン上のやりとりだけで済むPC作業や、単純作業で人との会話をあまり必要としない仕事は世の中にはある。

 人付き合いをあまりしなくていいという点で、人間関係での精神的ストレスは少ない

人と関わらない仕事の特徴②:単純作業や肉体労働が多い

 人と関わらない仕事に多いのが、「単純作業や肉体労働をメインとした仕事」だ。

 やはり仕事の内容が複雑になるほど、役割分担をしなくてはならず必然的に関わる人数が増えていく。

 一方で、単純作業は一人で作業を完結することができるため、人と関わらないことが可能になる。

 また、肉体労働も人と言語を通じたコミュニケーションを要するというよりは自分の体を動かせば完結することできるのだ。

人と関わらない仕事の特徴③:自分のペースで作業することが可能

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 3番目の画像

 自分の完遂すべき作業を黙々と進めていける仕事の場合は、締め切りなどはあるものの「自分のペースで作業することが可能」だ。

 人と関わらないということは、他人を合わせて行動する必要がなくなるので自分でスケジュールや仕事量をコントロールしやすい。

人と関わらない仕事の特徴④:収入が左右されやすく、比較的賃金が低い

 人と関わらない仕事は、外部を巻き込める人数が少ないため、生み出す利益にも限界がある。

 そのため、「比較的賃金が低く設定」されている。

 また、一人で仕事の全てをマネジメントをしている人は、安定した収入を確保することが難しく、収入がクライアントから受ける案件によって左右される可能性が高い。

人と関わらない仕事の特徴

  • 対面でのコミュニケーションが少なく、人間関係で悩むことが少ない
  • 単純作業や肉体労働が多い
  • 自分のペースで作業することが可能
  • 収入が左右されやすく、比較的賃金が低い

「人と関わらない」仕事を選ぶポイント

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 4番目の画像

「人と関わらない」仕事を選ぶポイント①:シチュエーションで選ぶ

 「人に関わらない」と一口にいっても、仕事で必要となる人との関わり方は職業によって全く異なる。

 人がいる場所に出向くのは好きだが、一緒に人と仕事をするのが嫌な人もいれば、一緒に仕事をするのはいいが、できるだけオンラインで済ませたい人もいるだろう。

 自分の中でふさわしい「人に関わらない」シチュエーションを想像し、それに適した仕事環境の職業を選べるといい。

「人と関わらない」仕事を選ぶポイント②:勤務条件で選ぶ

 先ほどもあげたが、人と関わらない仕事は肉体労働や長時間の勤務など勤務スタイルがきついものもある。

 自分が継続できる勤務条件を2〜3個決めてから探し始めると見つけやすい。

「人と関わらない」仕事を選ぶポイント

  • 自分に合った「人と関わらない」シチュエーションを設定して探す
  • 2〜3個優先度の高い勤務条件を設定して探す

「人と関わらない」仕事おすすめ10選

「人と関わらない」仕事おすすめ①:WEBデザイナー

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 5番目の画像

 WEBデザイナーは、WEB上のページをデザインする職業である。クライアントから発注を受け、要望に合わせて自分でデザイン案を作成していく。

 最低限の納期期限などを守れば、自分のペースで作成ができ、当人のセンスで作成をしていくことができるため、人気の職業である。

 WEBデザイナーには、インハウス、広告代理店・制作会社勤務、フリーランスの3種類がある。

 インハウスは企業に所属して自社web制作を行い、広告代理店や制作会社勤務の場合はクライアントのweb制作を行う。

 これらの二つはスケジュールを合わせる必要があり、案件によっては長時間の勤務を要されることがある。

 フリーランスは、個人でデザインを引き受け自分の条件とクライアントに合わせて制作をするスタイルである。

 そのため、スケジュールが一定期間とれなくても自分のペースで進められる。しかし、その一方で収入が不安定になりやすいというデメリットもあるのだ。

「人と関わらない」仕事おすすめ①:WEBデザイナー

  • ◎:自分のスキルとセンス次第で、仕事量や収入をコントロールすることができる
  • △:制作するものによっては長時間作業が必要であり、精神的・体力的に消費されやすい

「人と関わらない」仕事おすすめ②:翻訳家

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 6番目の画像

 翻訳家とは、外国語を別言語や母国語に翻訳する職業である。翻訳をする媒体はWEB上の記事や書籍、会社のHPなどさまざまである。

 自分の語彙力や言語力を活かすことができるため、海外留学経験者などが多い。

 2020年の東京オリンピックに向けてグローバル化が進む中、需要が高まる職業の一つだ。

 文章が好きな人や、外国語を武器に仕事ができる人におすすめ。一本あたりの金額で仕事を受けることができるため、作業量を自分で調整しやすい。

「人と関わらない」仕事おすすめ②:翻訳家

  • ◎:出来高制であるので、仕事内容に対して納得感が十分にある
  • △:翻訳という面では一定の作業なのでマンネリ化しやすい

「人と関わらない」仕事おすすめ③:キュレーションメディアのライター

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 7番目の画像

 キュレーションメディアのライターとは世の中にある情報をキュレーション(わかりやすくまとめる)するメディアに寄稿する仕事だ。

 的確な情報収集力とわかりやすい文章が求められやすい。

 媒体によって書き方も変わるので、書き方に慣れれば一定して書き進められることができる。

 文章を執筆したり、リサーチした情報をまとめていく作業が好きな人にはもってこいの仕事だ。

 誰でもできる訳ではないので、自分のスタイルが確立すれば多くの記事を任されることもある。

「人と関わらない」仕事おすすめ③:キュレーションメディアのライター

  • ◎:一人の作業でコンスタントにこなしていける
  • △:自分のカラーを全面に出せる訳ではないので、記事のジャンルによっては難易度が異なる

「人と関わらない」仕事おすすめ④:レタッチャー

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 8番目の画像

 レタッチャーとは、デジタルフォトをレタッチ(写真加工・補正)する仕事である。

 最近では、InstagramといったSNSで自分好みの色味や光度に変える人も多いだろう。

 その操作を複雑化したものがレタッチであり、資格などは必要ないが画像処理のphotoshopといったツールスキルが求められる。

 広告や雑誌、TVCMなどのレタッチを行い、よりクオリティの高いものへと仕上げていく作業になる。

 クライアントのニーズに合わせて、細かな調整をしていくため対面ではなくとも技術面でのコミュニケーションは必要である。

 自分のセンスが問われる作業であるため、一種のアーティスト性も帯びている。

「人と関わらない」仕事おすすめ④:レタッチャー

  • ◎:グラフィック写真はさまざまな媒体で使用されるため、手がけられるジャンルが幅広い
  • △:細かな要求をくみ取らなければならない

「人と関わらない」仕事おすすめ⑥:プログラマー

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 9番目の画像

 プログラマーとは、プログラミング言語を用いて開発を行う仕事だ。

 プログラム言語の習得が必須で、使用できる言語の種類によってできる仕事とできない仕事がある。

 プログラマーには主にweb・アプリケーション・ゲーム・その他に分けられる。

 プログラミング言語と運用のスキルを高めて行けば、クライアントから受ける仕事の幅も広がり、充実感も得られるだろう。

 自分のスキルさえあれば、フリーランスでも仕事をとってこれるので比較的安定した収入を得ることができる。

「人と関わらない」仕事おすすめ⑥:プログラマー

  • ◎:自分のスキル次第で、仕事の幅も広げることができる
  • △:納期に追われ、肉体的に疲労する場合がある

「人と関わらない」仕事おすすめ⑦:アフィリエイター

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 10番目の画像

 アフィリエイターとは、自分のサイトやブログに広告を掲載し、広告料を収入源にすることである。

 やり方は、本やインターネットから情報を集めることができるので資格などは必要ない。パソコンと時間さえあれば取り組めるので、誰でも始めやすい。

 しかし、サイトやブログの更新をしてPV数などを上げていく必要があるため、失敗の確率も高く安定した収入を得ることは難しいとされている。

「人と関わらない」仕事おすすめ⑦:アフィリエイター

  • ◎:やる気と時間さえあれば誰でも始めやすい
  • △:利益を出すまでに地道なサイト更新などをしていかなくてはならないため、費用対効果が低い

「人と関わらない」仕事おすすめ⑧:トラック運転手

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 11番目の画像

 日本全国に物資を届けるトラック運転手は、オンライン販売が盛んになったことで需要が高まっている。

 トラック運転手になるためには、大型・中型の場合は専用の運転免許が必要である。

 車好きで長時間乗っていても苦にならない人にはおすすめだ。

「人と関わらない」仕事おすすめ⑧:トラック運転手

  • ◎:運転免許さえあれば、誰でも始めることが可能
  • △:長時間運転になることが多く、肉体労働を要する

「人と関わらない」仕事おすすめ⑨:清掃員

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 12番目の画像

 清掃員は、ビルや駅などを決められた場所を清掃する仕事だ。仕事の時間帯が早朝や深夜になることが多いため、体力が求められる。

 体を動かし作業をするので、じっと作業することが苦手な人におすすめである。

 子育てや家庭の事情で日中の仕事ができない場合は、早朝や深夜の時間にシフトを入れれば効率よく仕事もできるため時間のコーディネートがしやすい。

「人と関わらない」仕事おすすめ⑨:清掃員

  • ◎:早朝や深夜など勤務が可能なため、日中の生活に支障をきたさない
  • △:肉体労働で過酷な現場もある

「人と関わらない」仕事おすすめ⑩:ガス・水道の検針業務

 ガス・水道の検針業務とは、ガスや水道のメーターを検針し、ポストに必要書類を投函する仕事のことである。

 何か異常がない限り、住人と顔を合わせることがないため、一人で1日中作業をこなしたい人におすすめである。

 資格が必要ではなく、重労働ではないため比較的誰でもすぐに仕事を始めることができる。

「人と関わらない」仕事おすすめ⑩:ガス・水道の検針業務

  • ◎:資格が必要なく誰でもすぐに始められる
  • △:単純作業で外回りが多いので、体力は必要


 人と関わらない仕事は、今回紹介したもの以外にもさまざまな仕事がある。

 仕事を始める上で一番優先したい条件を決めてから取り組み始めることをおすすめする。

 継続して続けられる仕事が多いため、自分の適正を見極めながら職探しができるとよい。


人との関わりが少ない仕事へ転職!

 オススメの人との関わりが少ない仕事を見てきて、「転職したい!」と少しでも思った人には転職エージェントを利用することをオススメしたい。

 転職エージェントでは、自分のこだわり条件などをエージェントに直接伝えることができるため、自分の希望に合った仕事に出会える確率が高くなる。

転職者満足度No.1! 自分らしく働ける職場を探すなら『DODA』

【人と関わらない仕事10選】1人でできるおすすめの職業 13番目の画像

 数ある転職エージェントの中でも、オススメしたいサービスが「DODA」だ。

 業界内最多の求人数は100,000件以上。さまざまな職種から自分に合った転職先を検討することができる。

 DODA独占の求人も数多くあり、情報収集から本格的な転職の検討まで、幅広い用途で利用することが可能。

 エージェントサービスの他にスカウトサービスも用意されているため、「まだ転職するかどうかを悩んでいる」という人もぜひ登録してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する