1. 【ホリエモンチャンネル】AI時代が到来で「1%のノイズを選べるのが人間の魅力」と語る村上建治郎の本心

【ホリエモンチャンネル】AI時代が到来で「1%のノイズを選べるのが人間の魅力」と語る村上建治郎の本心

【ホリエモンチャンネル】AI時代が到来で「1%のノイズを選べるのが人間の魅力」と語る村上建治郎の本心 1番目の画像

 ホリエモンこと堀江貴文が自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。

『堀江貴文のQ&A「AIに出来ない事はあるのか!?」〜vol.974〜』では、ホリエモンがSNS速報サービスを展開しているSpectee社の村上建治郎氏をゲストに招いて「AIにできないこと」について語った。

 今回取り上げたのは「先日飲み会で、『AIは服をデザインできるのか?』という話題になりました。AIが作る『みんなが好きな服』というのは、みんなという平均した人間は存在しないので『誰も好きじゃない服』になってしまう。だから、AIには売れる服は作れないという結論になりました。堀江さんはAIは新しいデザインを創造することは困難だと思いますか?」という質問。

村上「AIにノイズを足すことによってすごいクリエイティビティが生まれるかもしれない」

【ホリエモンチャンネル】AI時代が到来で「1%のノイズを選べるのが人間の魅力」と語る村上建治郎の本心 2番目の画像

 ホリエモンは「応用のやり方次第でしょ」と回答。「AIはノイズを組み込むこともできるから、平均的なものができるというのは違う」というのがホリエモンの考え。

 AI開発事業に力を入れている村上建治郎氏は、「AIが得意だとよく言われているのは最適化。だから99%正解だったら、必ず99%を選ぶのがAI。1%のノイズを選ぶことができるのが人間の魅力」と語った。

 もしかしたら1%を選ぶことによって、世紀の大発見につながることだってあるのだ。

「最適化するだけではなく、ノイズを足すことによって、AIにすごいクリエイティビティが生まれるかもしれない」と村上氏。

 ホリエモンとゲストの村上建治郎氏が「AIにできないこと」について語った『堀江貴文のQ&A「AIに出来ない事はあるのか!?」〜vol.974〜』。動画の視聴はコチラからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する