1. 寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…?

寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…?

Sponsored by キリンビバレッジ株式会社

寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…? 1番目の画像

今年は例年以上に酷暑な日々が続いており、毎日大変な方も多いのではないでしょうか。そんな中、オフィスの中はクーラーが効きすぎている、電車の中も寒い、というような外と中の気温差に悩んでいる人もいるよう。

ある調査で、「体温について気にしている/気になっている」度合を聞いたところ、女性では26.5%と約1/4の方が気になっているのに対して、男性は37.1%と、女性よりも10%以上も高いというデータが出ている。(※1)

「クーラーが苦手」「夏でもひざ掛け」と聞くと、寒がる女性をイメージしがちだが、体温に対する意識は男性にも広がっているようだ。

不調の原因になることも!?現代人を取り巻く生活環境

寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…? 2番目の画像

「体温が1度下がると基礎代謝が12%下がる」と言われており、体温は基礎代謝に大きく関わっている。(※2)

内外気温差によって身体がだるくなったりすることもあるが、外の気温はもちろん、オフィス環境や電車、その他の外部環境など、自分の家以外でいち個人の都合で状況を変えられるものはほとんどない。

そこで、今回は女性のみならず、誰でも取り入れやすい「体温を整える健康習慣」について考えてみたい。

編集部オススメ!日常に取り入れたい「健康習慣」

  • しっかり入浴
  • 朝は白湯を飲む
  • 身体を温めるものを食べる

一般的に言われていることだが風呂にしっかりつかることで血行を良くし、リラックスすることで血管を収縮させてしまう交感神経を整えるのにも良いらしい。

普段はシャワー派だというU-NOTE編集部スタッフが実際に試したところ、湯船につかり、軽く足などをマッサージして入浴したほうが、血行が良くなったからか疲労感も軽減され、翌朝、普段よりも気分がスッキリしたそうだ。

また、白湯を飲むということも良いそう。暑いときはどうしてもキンキンに冷えた飲み物を飲みたくなるが、朝には白湯など冷たすぎない飲み物をゆっくり飲むことを習慣づけたい。

食生活の乱れを直し、栄養バランスの取れた食事をとることも重要。ショウガをはじめ、身体を温める食べ物を取り入れることもおすすめしたい。

末梢体温を維持するモノグルコシルヘスペリジンを配合したドリンク「キリン サプリ リンゴ」

寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…? 3番目の画像

生活習慣を見直したうえで、プラスαを求めるならサプリメントやドリンクがオススメだ。「キリン サプリ リンゴ」は、“末梢の体温維持”を打ち出し、現代人の健康習慣をサポートしてくれる機能性表示食品。健やかな血流(末梢血流)を保ち、末梢体温を維持するモノグルコシルヘスペリジン178mgが配合されている。

モノグルコシルヘスペリジンが末梢体温を維持するメカニズムは、血管を広げる働きと血管が狭くなるのを抑える働きがあり、血流を改善し末梢体温を維持する効果があると報告されている。また、筋肉や脂肪内で熱を生み出す褐色脂肪細胞の活動を活性化し、末梢体温維持をサポート。今、注目を集めている成分だ。

「キリン サプリ リンゴ」なら、ドリンクとしてモノグルコシルヘスペリジンを手軽に摂ることができる。飲みやすいドリンクなので、クーラーの効いた部屋でのデスクワークのお供にはぴったり。

さわやかなリンゴ風味で、冷やしても常温でも後味はさっぱり。100ml当たり16kcalと低カロリーなので、毎日飲んでも罪悪感を覚えずにすむのもうれしい。

オフィスでの仕事中に、冷房の効きすぎたレストランでの食後に、外回りの水分補給に、ひと仕事終えてスッキリしたい時に。リフレッシュ飲料として日常に取り入れることで、軽やかな生活リズムをマネジメントできるだろう。

寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…? 4番目の画像

寒がり対策を取り入れて快適な毎日を

寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…? 5番目の画像

例年にない暑さや個人の都合では変えられないオフィス環境、これからを少しでも快適に過ごせるように、今回ご紹介した対策を取り入れてみてはいかがでしょうか?

寒がりは女性だけじゃない!?現代人は冷えてるかも…? 6番目の画像

「キリン サプリ リンゴ」
機能性表示食品
届出表示:
本品にはモノグルコシルヘスペリジンが含まれます。モノグルコシルヘスペリジンは、周囲が冷える時に健やかな血流(末梢血流)を保ち、体温(末梢体温)を維持することが報告されています。
本品は、国の許可を受けたものではありません。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

参照データ
※1 キリンビバレッジ調べ(2017年8月調べ・全国WEB調査・n=500)
※2『体温を上げると健康になる』齋藤真嗣 より

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する