1. 【例文】「職務経歴書の自己PR」の書き方|転職活動の悩みを解決!

【例文】「職務経歴書の自己PR」の書き方|転職活動の悩みを解決!

【例文】「職務経歴書の自己PR」の書き方|転職活動の悩みを解決! 1番目の画像

 転職活動に欠かせない「職務経歴書」。職務経歴書には職歴の他にも、「自己PR」を書く必要がある。

 今回は職務経歴書に記載する「自己PR」の書き方について解説したい。

職務経歴書の自己PRを書くための事前準備

【例文】「職務経歴書の自己PR」の書き方|転職活動の悩みを解決! 2番目の画像

 職務経歴書を書き始める前に、まずは下記のことをやっておこう。

 闇雲に職務経歴書を書き始めてしまうと、キャリアの記入漏れなどが起こりかねないため、事前準備も欠かさずやってもらいたい。

職務経歴書の自己PRを書くための事前準備①:キャリアの棚卸し

 職務経歴書の自己PRを書くための事前準備の1つ目は「キャリアの棚卸し」

 転職活動は、主に2つのルートにわかれる。

 「今まで培ってきたスキルを同じ業界・同職種への転職で活かす」ルートと、「未経験の業界・職種にチャレンジする」ルートの2つだ。

 どちらのルートにおいても、今までの仕事での経験や身につけたスキルは「転職者の武器・切り札」である。

 転職先に自分をアピールするためにもキャリアの棚卸しを行い、仕事での経験と培ってきたスキルを洗い出しておこう。

職務経歴書の自己PRを書く前に!「キャリアの棚卸し」で使える質問リスト

  • 今まで携わってきた仕事・プロジェクトの内容は何か?プロジェクトの規模は?
  • どんなポジションで仕事をした経験があるか?
  • 仕事を通じて身につけた専門知識や技術は何か?
  • 専門知識、技術以外に身につけた、得意とするビジネススキルは何か?
  • 仕事以外で自主的に習得したこと、習得しようとしていることは何か?
  • 仕事の中で大切にしてきたことは何か?

職務経歴書の自己PRを書くための事前準備②:企業研究

 職務経歴書の自己PRを書くための事前準備2つ目は「企業研究」

 職務経歴書の自己PRでは、転職者の強みが応募企業にどう役立つのか?という点をチェックされるものだ。

 自分の強みがどう役立つのかを訴求するためにも、応募企業の事業内容などの基本情報はもちろん、中途採用の意図や今後の展望なども知っておく必要がある。

 企業が公開している情報はすべてチェックして、要点や印象に残るポイントを頭に入れておこう。 

職務経歴書の自己PRを書くための事前準備③:自己分析

 職務経歴書の自己PRを書くための事前準備3つ目は「自己分析」

 転職活動における自己分析では「自分の強み・弱み」はもちろん、転職の動機を掘り下げておく必要がある。

 「なぜ転職したいのか」「どんな環境で働きたいのか」「仕事に関連する物事の優先順位はどうなっているのか」など、自問自答すべきポイントは多数あるのだ。

 自己分析を通して、転職活動の目的と自分のアピールポイントを明確にさせよう。

職務経歴書の自己PR文を書くためにマストな「自己分析」

  • なぜ転職したいのか
  • 自分の強み・弱み(長所・短所)は何か
  • どんな環境で働きたいのか
  • 将来的に何をやりたいのか
  • 仕事に関連する物事の優先順位(残業時間、給与など)はどうなっているのか

職務経歴書・自己PRの書き方

【例文】「職務経歴書の自己PR」の書き方|転職活動の悩みを解決! 3番目の画像

 職務経歴書を書き始める前の準備が終わったら、さっそく自己PRを書いてみよう。

 職務経歴書の自己PR文は大まかな構成が決まっているため、構成に従って自分の強みや経験などをアピールしてみてほしい。

職務経歴書・自己PRの構成

 職務経歴書の自己PR文の構成は、大まかにいうと以下のようになっている。

 まずは以下の項目に箇条書きで回答してみると、職務経歴書の自己PR文のアウトラインが完成。その後は文章を整えるだけで、職務経歴書の自己PRが出来あがるのだ。

職務経歴書「自己PR文の構成」

  • ①自分の強み
  • ②今までやってきたこと
  • ③仕事をする上で大切にしてきた考え方、こだわり
  • ④強みを裏付ける具体的な行動
  • ⑤強みを発揮することで得た成果

職務経歴書・自己PRを書くときの注意点3つ

 また、職務経歴書の自己PRを書くときには次の3点に気をつけよう。

 文字数については500文字になってしまうと、長文という扱いになる恐れがある。

 300字程度で自分の強みや経験を簡潔に書いてもらいたい。

職務経歴書・自己PRを書くときの注意点3つ

  • 自己PRを書くときの注意点①:文字数は300字程度に
  • 自己PRを書くときの注意点②:「何をやってきたか」「何ができるか」「応募先では今後どうしていきたいか」を明確にする
  • 自己PRを書くときの注意点③:強みは一つに絞る

【タイプ別・例文】職務経歴書の自己PR

【例文】「職務経歴書の自己PR」の書き方|転職活動の悩みを解決! 4番目の画像

【未経験職種へ転職する場合】職務経歴書の自己PR例文

【未経験職種へ転職する場合】職務経歴書の自己PR例文①

  • 現職では3年間、システム会社で無形商材の法人営業を経験し、新規顧客向けにソリューション提案を行ってきました。

    仕事をする上では、課題・問題の本質を明らかにして解決するということを何よりも大切にしています。

    たとえば事前に顧客情報を徹底調査し、営業の際には課題点を徹底的にヒアリングした上で、どのように自社システムを活用すれば何を効率化でき、どれくらいの人材コストが浮くか?などと提案してきました。

    営業をする中で「論理的思考力」「課題発見・解決」を磨き、3ヶ月連続営業成績1位を獲得するまでにいたりました。この「現状把握」「課題発見」「問題解決」のプロセスは、コンサルタントの仕事にも活かすことができると考えております。

【事務職の場合】職務経歴書の自己PR例文

【事務職の場合】職務経歴書の自己PR例文②

  • 現職では少数精鋭の中、5年間車部品メーカー会社で経理業務を経験し、海外関連子会社の財務に携わり財務分析から財務方針の決定などを行っていました。

    仕事をする上では、徹底した分析と資料のもと数値管理と方針の具体的な目標を掲げることに尽力してきました。

    例えば、海外関連子会社の顧客情報や決算書類を過去20年分の資料と周辺の貿易の動向を調べあげ、マーケティング部との連携も測りながら、部品輸出数が1年間でどのくらい必要かなどを分析しました。

    経理業務を行う上で、「数値管理力」「目標設定管理能力」を磨き、会社の利益を前年度の1.5倍にすることができました。資料分析だけでなく、他部門との連携をして行った経験は、今後分析や管理をしていく中で活かすことができると考えております。

【営業職の場合】職務経歴書の自己PR例文

【営業職の場合】職務経歴書の自己PR例文③

  • 現職では、6年間保険会社で個人向けの営業職を経験し、商品企画提案を担当してきました。

    仕事をする上では、ニーズの正確な把握と具体的な提案を心がけていました。

    例えば、訪問時は提案だけでなくお客様のニーズや悩みごとなどを親身になってヒアリングし、課題点を見つけました。時間をおかずに2回目に規格外の新たな提案、そして具体的な説明を行ったおかげで信頼を獲得することができ契約に繋がりました。

    営業をする中で、「ヒアリング」「ニーズ把握」「問題発見・解決」を磨き、訪問を重ねたことでリピーター数が社内成績1位を獲得するまでになりました。論理的な思考や提案、そして足を実際に動かすことで獲得してきた信用は、次の営業職でも活かせると考えております。



 以上、職務経歴書の自己PRの書き方と例文を解説してきた。

 自己PRは、初対面の人に自分をアピールする最初の資料となるため、一晩おいて冷静な目でもう一度確認してみよう。同僚や友人に添削してもらうのも効果的だ。


 また、面接の際には職務経歴書を見ながら進めることが多い。自分の経験したことをシンプルに説明できるように正確に書いていくことだ大切だ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する