1. “打診=依頼”は間違い?「打診」の意味&メール例文

“打診=依頼”は間違い?「打診」の意味&メール例文

“打診=依頼”は間違い?「打診」の意味&メール例文 1番目の画像

 仕事をしていると「打診」という言葉を耳にする機会もあるだろう。

 今回は「打診」の意味と使い方、社外に送る打診メールの書き方・例文を紹介したい。

「打診」の意味

“打診=依頼”は間違い?「打診」の意味&メール例文 2番目の画像

 ビジネスシーンでも度々耳にする「打診」にはどんな意味があるのだろうか?

 まずは「打診」の意味についてチェックしていこう。

「打診」の正しい意味

 「打診」とは、簡潔に説明すると「相談」や「提案」をすること

 国語辞典では「打診」について以下のように説明されている。

国語辞典における「打診」の意味

  • 相手の意向を確かめるために、前もってようすをみること。(デジタル大辞泉)
  • 交渉の際、相手側の意向を知るために前もってその問題に触れて、相手の反応をみること。(大辞林 第三版)

 まとめると、「打診」とは、相手の意向を知るために相談や提案をしたり、意見を求めたりすることなのだ。

「打診」とは?

  • 相手の意向を知るために相談や提案をしたり、意見を求めたりすること

「打診」の間違った使い方

“打診=依頼”は間違い?「打診」の意味&メール例文 3番目の画像

 「打診」をビジネスシーンの会話などで使う場合、注意しておきたいのが「“打診”の正しい言葉の意味」である。

 「〇〇に監督就任を打診する」などの文脈を見ると、「打診」の意味を「お願い」「依頼」「要望」などと捉えてしまいかねない。

 しかし、先にも説明したように「打診」とは、相手の意向を知るために相談や提案をしたり、意見を求めたりすることである。

 「打診」に「お願い」や「依頼」といったニュアンスは含まれないのだ。

 上司や取引先に「お願い」「依頼」「要望」を伝える際には、「打診」という言葉を使わないようにしてほしい。

「打診」の類義語とは?

 「打診」の意味について正しく理解するのであれば、類義語を覚えておくとよい。

 「提示して意見を乞う」という意味を含んだ言葉たちをチェックしてみよう。

「打診」の類義語一覧

  • 提示する、是非を問う、意見を聞く、提案する、世に問う、賛否を問う、意見を問う、言挙げする、公にする、表明する、可否を伺う、イエスかノーかを問う、反応を求める、意見を求める、是非を求める

ビジネスシーンにおける「打診」の注意点

“打診=依頼”は間違い?「打診」の意味&メール例文 4番目の画像

 ビジネスシーンにおいて、打診をする場面は必ずといっていい程ある。

ビジネスシーンで「打診をする」場合の注意点

 社内であれば上司、社外であれば取引先や顧客に相談することがあるだろう。

 もしも「打診しておいて」といわれたならば、上司や取引先、顧客に依頼するのではなく、きちんと相手の意見を聞いてほしい。

ビジネスシーンで「打診された」場合の注意点

 打診されたときには「依頼されただけ」と捉え、仕事に着手してしまうのはNGだ。

 打診された場合は、打診された内容についてなるべく早く意見や回答を出すように心がけよう。

 迅速に意思表示することで、すばやく仕事が回るはずだ。

【例文】社外向けの打診メールの書き方

“打診=依頼”は間違い?「打診」の意味&メール例文 5番目の画像

 打診をするのは口頭とは限らない。

 最後に打診メールの書き方と例文を紹介したい。

社外向け・打診メールの書き方

 社外向けに打診メールを送る場合、下記のポイントに気をつけて文面を作成しよう。

社外向け:打診メールを書くときのポイント

  • 仕事を依頼する理由、何故相手を知ったのかという理由を明記する
  • 自社の情報を盛り込む(会社のURLを添付)
  • 検討を依頼したい内容を書く(検討依頼の詳細は資料やURLで共有する)
  • メール文末では「ご検討のほど、何卒お願いいたします」などと、対応可否の判断を委ねる

社外向け・打診メールの例文

 上記の打診メールの書き方ポイントを押さえた例文がこちらだ。

【例文】社外向け:打診メール①

  • 件名:コンテンツ連携のお願い

    本文:
    株式会社☓☓
    ご担当者さま

    はじめまして。
    〇〇事業をしている株式会社☓☓の山田と申します。

    貴社の〇〇を拝見し、ご連絡いたしました。

    私どもでは、〇〇(ターゲット層)を対象に転職情報を提供するメディア「(媒体名)」を運営しております。

    今回は、貴社の「(媒体名)」とのコンテンツ連携をさせていただけないかというご相談をしたく、ご連絡した次第です。

    弊メディアの詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。

    ・メディア名
    URL

    ・「媒体名」さんとの親和性が高い記事

    タイトル
    URL

    タイトル
    URL

    ぜひ、(媒体名)への転載をご検討いただければと思います。
    お力添えいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

【例文】社外向け:打診メール②

  • 件名:日程調整のお願い

    本文:
    株式会社☓☓
    〇〇さま

    お世話になっております。
    株式会社☓☓の〇〇と申します。

    このたびは〇〇様からご紹介をいただき、ご連絡いたしました。

    早速ではございますが、
    是非一度貴社へお伺いさせていただき、
    △△の件について打ち合わせをお願いできればと存じます。

    つきましては、
    下記よりご都合の良い日程をご教示いただけますと幸いです。

    ・7月12日(木)10:00〜17:00
    ・7月13日(金)10:00〜17:00
    ・7月19日(木)10:00〜17:00

    お忙しいところ大変恐縮ですが、
    ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。


 「打診」の正しい意味、打診メールの書き方について紹介してきた。

 もしも社内で打診されることがあった場合、なるべく早く回答・意見をいうことを心がけて欲しい。

 打診メールを書く際には、本記事の例文と書き方を参考してもらえれば幸いだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する